ものづくりと子ども発達

今年度の「ものづくりと子ども発達」の最後の講義がありました。この講義では、落ち葉を用いて作成した全作品を皆で鑑賞して、評価していくものです。この講義では、2つのグループに分かれて、並行して講義を進めています。そのため、ほかのグループの作品を見ることができません。それぞれのグループでは、作成者が自作を、児童としての制作意図や制作過程の感想、教師としての評価を皆の前で発表して、意見交換をしました。
最後の講義では時間はとれないので、作品を「デザインがいいもの」と「落ち葉を活かしているもの」という視点で評価していくことにしました。
受賞作品の解説を受賞者からお願いして、皆で祝いしました。

0111_01_crs 0111_02_crs 0111_04_crs

(Y. Koide)

Comments are closed.


WP Login