平成28年度札幌学院大学教師教育研究協議会  教育実践研究会・小学校分科会報告

111 112 

 

 

 

 

 

113114

 

 

 

 

 

1月10日(水) 教育実践研究会・小学校分科会が開かれました。OBの先生が2名、本学院生が22名の参加でした。

年に1回開催している教師教育研究協議会は、本学院で学び、卒業後教職に就いているOB、OGの先生方と将来教職を目指す本学院生が一堂に会して学びあうことを目的としたものです。校種を超えて、それぞれの学校で児童・生徒を指導している「先輩」の姿に頼もしさや憧れを感じていた「後輩」もいたのではないでしょうか。

3時30分から行われた小学校分科会では、本学を卒業し現在は滝川市内で小学校に勤務されている先生、礼文島の小学校で勤務されている先生に中心になっていただき実践交流を進めました。

学級経営で大切にしていることや子どもや保護者から信頼されるために必要なことなど、教育の根本となることから、具体的な対応まで幅広い討議が続きました。参加した4年生にとっては、4月からの自分の生活や教師としての切実な質問内容が多く出され、3年生からは、教育実習での研究授業や教員採用についての質問があり、将来に向けての自分の現在の課題を真剣に考えての話に、OBの先生方や4年生が丁寧に対応していました。やはり、先輩、後輩という関係が、初対面でありながらも和やかな雰囲気をつくり出し、時には笑い声が出るほどでした。

分科会後は、再び一同に会した参加者全員で、場所をG舘に移して情報交換会を行いました。各テーブルに自由に行き来しながら、和気藹々に語り合う姿から母校への思いが伝わってきました。

校種は違っても同じ教職を目指し、実際に教育という仕事に就いている仲間への思いが、優しい時間を作っていました。

(by yasuki)

平成28年度札幌学院大学教師教育研究協議会  教育実践研究会・小学校分科会報告 はコメントを受け付けていません。

2016.12月1年生「ものづくりと子ども発達」で壁新聞制作

1年生の16年度後期の「ものづくりと子ども発達」の授業で、6グループに分かれて壁新聞を制作しました。各グループでテーマを考え、全体構成と必要な資料収集、記事の作成など各グループで分担して取り組みました。大半が時間をオーバーしましたが、グループ全員が協力してなんとか完成しました。
12月21日に壁新聞を掲載して講評会を行い、自分達でユニークな賞を考えて投票し合いました。多くの学生が「久しぶりに協調の大切さを学んだ」と満足そうに話していました。
以下、講評会の様子を紹介します。

161221kabeshinbun1 161221kabeshinbun2 161221kabeshinbun3 161221kabeshinbun4 161221kabeshinbun5 161221kabeshinbun6 161221kabeshinbun7 161221kabeshinbun8

(By NIKKUNI,Michiyo)

2016.12月1年生「ものづくりと子ども発達」で壁新聞制作 はコメントを受け付けていません。

2016.11 小学校教育実習が終了しました

jiltusyuu小学校の教師を目指すこども発達学科生の集大成ともいえる「小学校教育実習」。
こども発達学科の4年生は、42名が3週間〜5週間の教育実習を行いました。
各教科の指導法の講義や、模擬授業、教育実習事前指導、などを通して教育実習
の準備をしてきました。
教育実習、おつかれさまでした。
最後に、大変お世話になった実習校の先生方、児童のみなさま、関係者のみなさ
まには厚く御礼申し上げます。

21-7(by takeuti)

2016.11 小学校教育実習が終了しました はコメントを受け付けていません。

ものづくりと子ども発達

今年度の「ものづくりと子ども発達」の最後の講義がありました。この講義では、落ち葉を用いて作成した全作品を皆で鑑賞して、評価していくものです。この講義では、2つのグループに分かれて、並行して講義を進めています。そのため、ほかのグループの作品を見ることができません。それぞれのグループでは、作成者が自作を、児童としての制作意図や制作過程の感想、教師としての評価を皆の前で発表して、意見交換をしました。
最後の講義では時間はとれないので、作品を「デザインがいいもの」と「落ち葉を活かしているもの」という視点で評価していくことにしました。
受賞作品の解説を受賞者からお願いして、皆で祝いしました。

0111_01_crs 0111_02_crs 0111_04_crs

(Y. Koide)

ものづくりと子ども発達 はコメントを受け付けていません。

保育実習1B報告会を行いました

1b-21b-1

 

平成28年11月7日から10日間、保育実習(居住型の児童福祉施設での実習)を行いま した。
実習をさせていただいたのは、札幌市内にある児童養護施設羊ヶ丘養護園、北広島市の児童養護施設天使の園、 岩見沢市の児童養護施設光が丘学園、富良野市にある児童養護施設富良野国の子寮です。

その実習報告会をA-304教室で、12月16日(金)に行いました。

今年は、実習に行く前に事前学習として天使の園と富良野国の子寮の職員を外部講師として招きお話をしていただいたこともあり、10日間、楽しく実習できた、入所児童との交流も スムーズに出来たなど、学生にとっては、本当に多くの成果があった報告会になりました。
報告会には昨年、実習を終えた3年生、来年施設実習に行くことになっている1年生も参加し、報告していた2年生に沢山の質問をしていました。約2時間の報告会でしたがあっという間に終了しました。
2年生の皆さん報告会ご苦労様でした。そして、参加してくれた3年生と1年生の皆さんありがとうございました。

(by watanabe)

 

保育実習1B報告会を行いました はコメントを受け付けていません。

WP Login