Archive for 6月, 2013

人文学部新入生体育大会が開催されました!!

水曜日, 6月 19th, 2013

恒例行事である「人文学部新入生体育大会」が,6月15日(土)に第2キャンパスで開催されました。今年度の体育大会は,本学科1年生の藤垣享市くんが大会委員長として実行委員の他の1年生とともに奮闘しました。また,3年生の杉本千穂さんと鈴木望さんが裏方として体育大会を盛り上げてくれました。

英語英米文学科は,クラス単位で3チームが参加。残念ながら入賞は逃すものの,元気のよさとユーモアは他学科にまったく引けを取りません。勝ち負けにこだわるのも楽しいですが,それ以上に仲間ともにいい汗を流せた素敵な一日となったのでは。応援する側の担任3名も,常にハラハラ,ドキドキ,そしてときどき爆笑。入学してから厳しい勉学の日々,親交を温めるのに加え,いい息抜きにもなったのでは。

運動した後には,お腹が減ります。ということで,体育大会終了後に,学内でBBQ大会!! 本学の第1キャンパスには「大学の杜」と呼ばれる美しい自然を楽しめるスペースがあります。普段は教室から眺める風景のなかで,美味しく楽しい声が響き渡りました。

P1020120P1020121P1020135P1020150P1020166P1020158P1020162P1020184P1020185P1020188DSC02765

 

ファスト・トラック・イングリッシュ・コース優秀者表彰式

金曜日, 6月 7th, 2013

全学共通科目の「英語B」で優秀な成績を収めた学生に対して「優秀修了証」を授与する「ファスト・トラック・イングリッシュ・コース優秀者表彰式」が行われました。この表彰式も今回2回目となります。

この優秀者は2012年度の英語履修者の中で、

1.各クラスで優秀な成績を収めた

2.2013年1月のプレイスメントテストで基準以上の成績を収めていること

(英語力が伸びていること)

3.授業に対するモチベーションが優秀だった

この3つの基準をクリアした学生が対象となり、「優秀修了証(ADVANCED ENGLISH CERTIFICATE OF ACHIEVEMENT)」が授与されます。

優秀修了証の見本

優秀修了証の見本

外国語教育部門コーディネーターの西 真木子先生からは、祝福の言葉と同時に、この「優秀者表彰式」は、学生の1年間のがんばりをぜひ形にして渡したいという英語Bのネイティブの先生方の熱い思いから始まったものであり、授与された皆さんは1年の頑張りを糧に、2年生となったこれからもどんどん英語の学習を頑張ってほしいという激励の言葉がありました。

英語英米文学科でも12名がこの「優秀終了証」を授与されました。

英語英米文学科の優秀表彰者の皆さんです

英語英米文学科の優秀表彰者の皆さん

英語Bの先生です

英語Bの先生

これからもぜひ英語力に磨きをかけてほしいと思います。

なお、本学ではA館の2階の学習支援室に英語のTA(ティーチング・アシスタント:大学院生の方々です)が月曜から金曜までいます。英語学習を続ける中で質問やわからないことがあれば、ぜひ遠慮なく利用してください。

小学校の外国語活動でボランティア活動をしています

火曜日, 6月 4th, 2013

本学英語英米文学科では中学・高校の英語教員免許が取得できますが、こども発達学科の所定の科目を履修することで、小学校教員免許を取得する可能性も開かれています。もちろん、学生の努力が必要ですが、一昨年(2011年度)卒業した学生のうち、既に3名が小学校教員に採用されています。

現在、釣ゼミの3年生2名と、小学校教員免許の取得をめざしている3年生の計7名が、近くの文京台小学校で「外国語活動」のボランティア活動に参加し、ALTとのティーム・ティーチングのお手伝いをしています。学生達は、毎週金曜日に子ども達と一緒に英語で挨拶やゲーム、歌などを楽しく学ぶ活動に熱心に取組んでいます。

本学学生のボランティア活動の場をご提供・ご協力下さっている文京台小学校の方々や児童の皆さんに感謝致します。

夏の日本語プログラム準備中

月曜日, 6月 3rd, 2013

毎年、夏と冬の二回実施されている、日本語教育・文化体験プログラム。中国、韓国の学生が中心ですが、台湾、イギリス、オーストラリアからの参加者もおります。一ヶ月の日本語授業の他、温泉や動物園などへの訪問、パートナー学生との交流など、さまざまな形で日本や日本人の「いま」を知ってもらいます。

日本語教育プログラム概要はこちら。(国際交流センターHPに飛びます。)http://www.sgu.ac.jp/iec/japaneseprogram_special.html

今夏のプログラムは7月1日からスタートします。50名以上の参加者が予定されております。彼らの学びや体験をサポートすることに興味のある学生は、教務課学生交流担当まで申し出てください。