Archive for 1月, 2016

ワーホリで成長しました!―在学生の英語プレゼン―

木曜日, 1月 21st, 2016

本学のC館2階に設置されているコラボレーション・センター(詳細はこちら)。その中に、在学生や教職員が気軽に英語を使える”English Lounge”があります。ここでは、ネイティブ教員を囲んでの英会話練習や、在学生による英語でのスピーチやプレゼンが、日常的に行われております。

 

2016年1月8日(金)の昼休み、英語英米文学科4年の加藤友樹君が、ニュージーランドでのワーキングホリデー(ワーホリ)の経験や後輩へのアドバイスなどを、英語でプレゼンしました。加藤君は2年次にアメリカに半期留学に出かけていますが、それだけで満足できず、4年目に休学し、ニュージーランドにワーホリに出かけました。

「妥協せず、勉強を続けること、英語でコミュニケーションを取る意思が大事です」とのメッセージを出しました。

「妥協せず、勉強を続けることが大事です」(加藤君)

当日のオーディエンス。皆さん興味津々のご様子。

当日のオーディエンス。皆さん興味津々のご様子。

海外からの留学生たちも質問・コメントをくれました。

海外からの留学生たちも質問・コメントをくれました。

私(眞田)の見る限り、加藤君の英語は確実に飛躍的に成長しています。流暢なスピーチ、後輩のお手本としたい発音、そしてワーホリや海外に興味のあるオーディエンスをひきつけるプレゼンの中身。加藤君によると、学内の授業で頑張ったことと、「とにかく英語でコミュニケーションを取ろう」という積極的な姿勢のたまものとのことでした。

この「積極的な姿勢」が非常に重要です。現地では日本人がいたものの、なるべく日本語は使わず英語でコミュニケーションを取るよう努め、英語が通じない悔しさにもめげず、英語を使い続けてきたとのこと。それが確実に力につながり、後輩にも刺激を与えるまでに成長しています。彼に続く学生が今後もっと出てくることを願っています。

2015半期海外留学生レポート(アメリカ2)

木曜日, 1月 21st, 2016

みなさんこんにちは。あけましておめでとうございます!

英語英米文学科2年の竹本恵理です。私は現在、カリフォルニア大学デーヴィス校という大学に留学しています。


現在、デーヴィスは北海道の秋というような気候です。全く雪がなく、本当に冬なのかな?と目を疑います(笑)ほとんどの方が自転車通学かバスで大学に通っています。大学内は広いので、自転車がないと厳しいかも?でも寒いので、私は最近バスで通っています。
私は現在4人(と1匹?(笑))のホストファミリーと暮らしています。お母さんがメキシコ人、お父さんがアメリカ人、大学生の女の子、小学生の男の子、犬種がシーズーのワンちゃん、といった家系です。最近は、頻繁にお母さんのお孫さんが家に来て、一緒に遊んだりもしています。毎日ホストファミリーと楽しく食事をしながら会話したりと充実した日々を過ごしています。


学校では昨年とクラスが変わり、全く新しいメンバーとのクラスになったのでドキドキでした。現在私のクラスは、サウジアラビア人が6人、チリ人が2人、台湾人が1人、日本人が3人、合計12人のクラスで講義を受けています。講義中はもちろん、英語で楽しく文法について学んだり、休憩時間はそれぞれの文化の違いについて話したりと毎日が楽しいです。今まで経験したことないことだらけなので、良い刺激になっています。


私は年末年始にサンフランシスコに行ってきました!サンフランシスコはデーヴィスとはまた一風変わって面白く、ショッピングや観光などをして日本とはまた違った年末年始を過ごすことができました。


もう留学も終わるのかと思うと寂しさでいっぱいですが、悔いのないように残り数週間充実した留学生活を過ごしたいと思います。

サンフランシスコで撮ったアルカトラズ島です

サンフランシスコで撮ったアルカトラズ島です

 

コロンビアの友人とのお別れ食事会での一枚

コロンビアの友人とのお別れ食事会での一枚

 

「屋台カフェ運営プロジェクト」を実施しました

木曜日, 1月 7th, 2016

本学コラボレーションセンターの企画で、学内の一角に屋台カフェを設けて運営するプロジェクトが発足し、その運営に英語英米文学科の学生が参加しました。

昨年(2015年)12月11日(金)にスタートした今回のカフェ、予想をはるかに上回る人気と売れ行きで、翌営業日の14日(月)には予定販売数を全て売り切りました。営業中、学長が来賓の方々にこの屋台のお菓子とコーヒーをふるまわれる場面もありました。

「正課内外の多様な「学び」を学生に促す企画」として発足した今回のプロジェクト。営業準備の作業や、店での接客など、授業外でも学ぶことが多かったはずです。

私(眞田)もお菓子を買って学生の応援に顔を出しましたが、準備で大変だったに違いないのに、当日の運営は皆で周りを巻き込んでとても楽しそうにしていた学生の姿が印象的でした。それでは以下、準備と当日の様子を写真でご覧ください。

打合せ中。

打合せ中。

コラボレーションセンター教員も合流してさらに打合せ。

コラボレーションセンター教員も合流してさらに打合せ。

備品も学生手作りなのです。

備品も学生手作りなのです。

まさに「手」作り!

まさに「手」作り!

こちらは営業用書類の作成中。

こちらは営業用書類の作成中。

さあ開業です!

さあ開業です!

教職員も購入してくださいました。

教職員も購入してくださいました。

お買い上げありがとうございます!

お買い上げありがとうございます!

完売御礼!の記念写真。水島先生とコラボレーションセンター職員さんと一緒に。

完売御礼!の記念写真。水島先生とコラボレーションセンター職員さんと一緒に。

運営にたずさわった学生の皆さん、お疲れ様でした。お買い求め下さった皆様、ありがとうございます。今回の運営にご協力くださったコラボレーションセンターの教職員の皆さま方にお礼申し上げます。

2015半期海外留学生レポート(オーストラリア2)

木曜日, 1月 7th, 2016

あけましておめでとうございます。2016年も学生が活き活きとしている英語英米文学科の様子をお伝えします。どうぞよろしくお願いいたします。2016年1回目の記事は、半期海外留学生レポートをお送りします。

 

日本と季節が真逆の南半球のオーストラリアは、現在初夏の気温のようです。今回は現在オーストラリアに留学中の英語英米文学科2年の濱航太くんからレポートが届きましたので掲載します。

————————————————————————

僕は現在メルボルンにあるモナシュ大学で英語を学んでいます。そして、もうすぐメルボルンに来てから二カ月半が経ちます。この二カ月半の間に様々な経験をすることができました。

まず英語の授業について紹介します。一つのクラスに10人程度の少人数です。そして、そのなかでディスカッションや英語を使ったアクティビティをします。そのため、アットホームな雰囲気のなかでの勉強が可能です。札幌学院大学の英語の授業と違う点は、発音や文法をより詳しく学ぶところだと感じています。また、同じクラスの人と友達になり休日に出掛けたりもできます。

休日や放課後は、BBQをしたり、スポーツクラブに行ったり、シティを散策したり、ボランティアをしたりしています。特にボランティア活動は僕の休日をより充実させてくれたものだと思っています。メルボルンには日本のバックグラウンドを持つ日本人のための学校があります。つまり、親の片方もしくはその両方が日本人、日本人とのハーフ、クォーターというような子供たちのための学校です。僕はそこで幼稚園の子供たちと関わっています。正確には、クラスの担任の先生のサポートをすることが僕の仕事です。しかし、かわいい子供たちと遊ぶ時間が多いためか僕にとっては仕事というより楽しい時間というような感じです。また、クラスの11人でBBQをやったこともありました。同じ国の友達だけのアクティビティといろんな国の人がいるなかでのアクティビティでは難易度が全く違うと思います。ひとつの勘違いが大きな問題に発展する可能性もあるからです。正直にいうと、最初に皆を誘ったときに、集まるのはせいぜい7人くらいだろうと考えていました。しかし、友達の力を借りて、人を集めて、楽しくBBQをすることができました。

また、こちらに来てからメルボルンと日本の良いところや良くないところをいろいろと見つけてきました。日本にいた頃は当たり前だったことが、当たり前ではなくなって、あれはとても嬉しいことだったのか、と感じることも多々ありました。またその反対にメルボルンでは当たり前のことでも、日本ではあり得ない状況や人々の行動を見る機会もありました。

残りの留学生活を最高に価値のあるものにするためにがんばります!!

1450436012124

 

DSC_0549