Archive for 2月, 2016

専門ゼミナールでのハワイ研修旅行体験記(2)

月曜日, 2月 29th, 2016

専門ゼミナールでのハワイ研修旅行の体験記第2弾をお送りします。今回は現3年の中村珠里さんに書いていただきました。現地でのアンケート調査、ゼミ生と学んだこと、そしてハワイの海の美しさを伝えてくれています(前回は山でしたが今回は海です)。どうぞご覧下さい。

スタバで現地の学生と。右が中村さん。

スタバで現地の学生と。右が中村さん。

 

今年の2月に専門ゼミナールBの研修旅行として1週間ハワイに行きました。私が一番印象に残っているのはハワイ大学の学生の方々にアンケートを取った事です。ゼミ生がそれぞれ2~3人に分かれ別々の場所に行き、自分達が今ゼミで学んでいる内容に基づいて調査しました。日本の大学とは大きく違い国籍や年齢層が様々で、自分の言いたいことが上手に伝わらず大変なこともありました。しかし、この調査で今まで絶対に経験することができなかったことを経験できたことにより、自ら行動する事や失敗を恐れない気持ちを身につけることができました。

 

また、寮に宿泊した際に朝食や夕食の分担をしたり、毎日部屋でミーティングを欠かず行なったり、この集団行動でゼミ生との絆がさらに深まったと思います。そして当たり前のことですが、時間を守って行動する大切さも改めて実感できました。

 

海を背に集合写真。

海を背に集合写真。

一方で研修中、少ない時間でゼミ生と共に観光地を回ることができました。ハワイと言えばワイキキビーチ!!青く澄んだあの海の景色は今でも忘れません(笑) シュノーケリングでは見たことのない色の魚をみつけたり、炎天下の中ダイヤモンドヘッドを登って景色を眺めたり、ゼミ生の誕生日を祝ってみんなで歌ったり一生忘れない思い出がたくさんできました。

ハワイでHappy birthday!

ハワイでHappy birthday!

たくさん現地の学生と友達になれたので、機会があれば必ず行きたいと思います!

専門ゼミナールでのハワイ研修旅行体験記(1)

水曜日, 2月 24th, 2016

水島先生の専門ゼミナールBでは、ゼミで学んだ内容を実践に移すべく、ハワイに研修旅行に行ってきました。ハワイ大学のスタッフや学生、現地の人々との交流などを通し、ゼミ生は皆成長して帰国してきました。

今日から数回にわたり、参加者による体験記と写真をお送りします。第1弾は現3年の大石彩佳さんです。

ハワイ大学の学生と。左が大石さん。

ハワイ大学の学生と。左が大石さん。

・・・・・・

2月6日から14日の間、ハワイでゼミ研修という人生最大の経験をしました。

私は、ハワイに行くことも、もちろん海外へ行くことも全てが初めてでした。 「いつか海外へ行きたい」という中学生からの夢がやっと実現しました。

ハワイといえばリゾート地。でも遊びに行ったわけじゃありません!(遊びもしたけど。笑) 私の中での目的は、①外国を知る。②友達をつくる。③英語力を試したい。④今後の人生に何らかの影響を与えたい。⑤ゼミの仲間と素晴らしい思い出をつくる。でした。 (ハワイに決めた理由は、ハワイ大学の寮に泊れたことと航空券が安くとれたことで、7日間の滞在が金銭面で可能になったからです。)

 

ハワイに行くまでにゼミのみんなで入念にプランを立ててきました。私が心がけてきたのは、「全員が納得いくものにする」ということ。どうしたら1人の意見に流されずに、みんなが意見を出し合って、ディスカッションをして、全員が納得のいくものにできるか。難しかったですし、自分のやり方が正しかったのかわかりませんが、ゼミのみんなの理解と協力で団結力も深まり、少しずつみんなの意見が集まったいいものになったと思います。みんな本当にありがとう。

 

ハワイでの生活は相当濃かったです(笑) 寮で暮らしたり、ご飯をみんなで作ったり、バスに乗って出かけたり、海で遊んだり、買い物したり、アンケートをとったり、英語が全く伝わらなかったり、JCC (Japanese Culture Club)の人と交流したり、友達が沢山できたり、日本語のクラスで学生をサポートしたり、プレゼンしたり、ハワイのコミュニティを知れたり、日本食パーティをしたり、シャヒーン(ハワイ大学在籍の大学院生)のカレーを食べたり、ミーティングで泣いたり、まだまだ思い出があって語りきれません。

ハワイ大学にて、グループディスカッション。

ハワイ大学にて、グループディスカッション。

ダイヤモンドヘッドを背に。

ダイヤモンドヘッドを背に。

苦い思い出もあるけど、それも含めて全部OKで、とても素晴らしい研修だったと思います。それは、水島ゼミだったからできたことだと思います。ゼミ想いな素敵な先生とメンバーのおかげだと思います。誰が1番とかじゃなくて、本当にみんなに同じくらい感謝しています。こんな素晴らしい機会を作ってくれた水島先生、沢山協力しあって頑張ってきたメンバー、本当にありがとう。

 

私にとってすごく成長できたと思うし、これからの糧になるはずです。これから就職活動と教職の実習で大変ですが、この経験を生かして頑張りたいと思います。そして、ハワイの友達にも絶対また会いに行きます!それまでに、英語の勉強とコミュニケーションについてもまた勉強したいと思います。

 

最後に、本当にこの研修に関わって下さった、水島先生、ゼミメンバー、JCCの皆さん、日本語クラスの皆さん、ハワイの先生方、全ての人に感謝したいと思います。

 

Thank you for everything!!!

メンバー全員で記念写真。

メンバー全員で記念写真。

水島ゼミがハワイへ研修旅行に出かけました

月曜日, 2月 22nd, 2016

水島先生の「専門ゼミナール」(3年次対象)で、ハワイへ研修旅行に出かけてきました。現地では楽しいことも悔しいことも色々あったようですが、たくさん学んで遊んで、無事に全員戻ってきました。

 

大学のウェブサイトで今回の研修旅行が取り上げられました。こちらをご覧ください。本ブログでも参加者からの感想を掲載できればと考えております。ご期待下さい!

2015半期海外留学生レポート(アメリカ3)

火曜日, 2月 9th, 2016

今年度の半期留学レポートもいよいよ最後。トリを飾るのは、アメリカに留学した青木遥佳さんです。現地で色々学びつつもエンジョイしているのがよく伝わるレポートをどうぞお楽しみください。

 

みなさん、こんにちは。

英語英米文学科2年の青木遥佳です。わたしは現在、アメリカのデーヴィスに留学をしています。
1月のデーヴィスは雪がまったくなく、むしろ12月のほうが毎日寒くてとてもしんどかったです。しかし今でも私は毎日のように自転車通学をしています。毎週のように雨は降りますが・・・。北海道に帰ったら雪道をしっかり歩けるか、寒さに耐えられるか少し不安です(笑)

わたしがホームステイさせていただいてるおうちは、ホストマザーのアンジーと隣の部屋に韓国人の女の子と犬が一匹いるおうちです。みんな忙しくて中々一緒に過ごす時間はありませんが、お話しをしてくれたり、アメリカ料理やメキシコ料理をたくさん食べて自由に楽しんでいます!帰ったらダイエットをしなきゃいけないと思ってしまうくらい、私の胃袋は完璧アメリカンサイズになってしまいました。

現在のわたしのクラスは、日本人4人、サウジアラビア人2人、ドバイ人1人、クウェート人1人、リビア人1人、韓国人1人、中国人1人、台湾人一人、カザフスタン人1人の13人です。夏のクオーターのメンバーとあまり変わりませんが、前回で帰ってしまった友達と今回新しくできた友達がたくさんいて毎日楽しく授業を受けています。お互いの文化の違いなどでぶつかることも多々ありましたが、みんなフレンドリーで気さくなので毎日の学校はとても楽しいものです。お互いに良い刺激を与えあえたらいいなと思っています。インターナショナルの友達も他の都道府県から来た友達もたくさんでき、みんなでいつかまたどこかで会えるといいねと今から次会うのが楽しみ!という話をしていて、ここに来れたこと、そしてみんなに出会えたことに感謝したいです。

私のUCデーヴィスでの思い出は、初めてペイントボールに参加して痣だらけになったり、シックスフラッグスという遊園地に行ったり、学校でのハロウィンパーティーでコスチュームを着てダンスパーティーに参加したりとイベント盛りだくさんでした。毎週金曜日にあるアイスクリームソーシャルや、授業中にネイティブの人が来て一緒に会話をしたりするのがとても楽しかったです。
休みの日には、バスですぐに行けるサクラメントへ観光に行ったり、バカビルにある大きなアウトレットへも何度も行きました。アメリカ最大の休日と言われるThanksgiving dayの次の日にあるBlack Fridayの日には夜中から並んで朝まで買い物をした、という思い出もあります。
しかしなんといっても、冬休み中に行った10日間のパブリックスピーキングは本当に良い刺激になり、わたしの中では授業よりもこの1日5時間を十日間やったことが何よりも1番達成感を感じています(笑)最終日には10分程度でしたが、英語でプレゼンをして、たくさんの方に来ていただいてとても嬉しかったです。
また、サンフランシスコやロサンゼルスに旅行も行けました。念願だったニューヨークでのカウントダウンには行けませんでしたが、ここデーヴィスで学んだことを生かせるように将来の楽しみにとっておきたいと思います。

130日以上あった半期留学も残り5日となりました。早く日本に帰りたい気持ちと、みんなと離れたくない気持ちが入り混じっていますが、最後までやり残したことが1つもないように毎日全力で楽しんで頑張りたいと思います。

ペイントボールをしました!

ペイントボールをしました!

クラスでハロウィンパーティ

クラスでハロウィンパーティ

夏のクォーター(学期)のときの休み時間の一枚。

夏のクォーター(学期)のときの休み時間の一枚。

ロスの有名なウォークオブフェイム(マイケル・ジャクソン)

ロスの有名なウォークオブフェイム(マイケル・ジャクソン)

本場のディズニーランドにも行ってきました

本場のディズニーランドにも行ってきました

 

教職希望学生をサポートします―OB・OG教員との交流会―

火曜日, 2月 9th, 2016

英語英米文学科は、所定の科目を履修することで英語教員免許(中学・高校)を取得できます。また、こども発達学科の所定の科目を履修することで、小学校教員免許にもチャレンジすることが可能です。実際、これまで、小・中・高へと多くの英語教員を輩出してきました。管理職としてご活躍の卒業生もいらっしゃいます。

さて、2016年1月9日、本学で「教職交流会」が行われ、英語科でも分科会が設けられました。この会に、卒業後、各地で英語教員として活躍されている卒業生の方々にお越しいただき、教職を希望する在学生に、先輩教員として多くの具体的なアドバイスを下さいました。

まずは中学校の教壇に立たれている吉田敦先生による模擬講義。解説だけでなく、実際に先生が取り入れておられる活動や、教材を作る時のコツなどを具体的に話していただきました。

吉田先生の模擬講義。

OB吉田敦先生の模擬講義。

模擬講義では学生同士のアクティビティも実践しました。

模擬講義では学生同士のアクティビティも実践しました。

後半は、OB・OG教員を囲んでの座談会。毎年恒例ですが、ここで在校生はざっくばらんに先輩教員と話をすることができます。「教育実習に向けての準備や心構え」、「生徒との接し方」、「教職と民間就職で迷っているなどの進路相談」など、様々なトピックで話が盛り上がっていました。

P1050258

英語科の分科会の後は、場所をG館8階に移して、オードブルを囲んだ情報交換会。ここに、この4月から正採用となって教壇に立つ卒業生の大久保響さんも合流。卒業生代表の1人として、後輩学生にエールを送ってくれました。

今回の会が、教職を志望・検討している学生への刺激となったことを願っています。