Archive for 1月, 2017

2016半期海外留学生レポート(アメリカ3)

月曜日, 1月 23rd, 2017

続々と留学生レポートが届いています。

今日は、現在、アメリカのカリフォルニア大学デービス校に留学中の英語英米文学科2年の石原さんからお便りが届きました。クリスマスと新年を経験して、お祝いの仕方が日本とは逆のように感じられるとのこと、「百聞は一見にしかず」貴重な体験をされたようですね!


皆さんこんにちは。英語英米文学科2年の石原晴菜です。わたしは現在、カリフォルニア大学デービス校に留学しています。こっちでの冬休みは1ヶ月あります。

デービスの冬は北海道とくらべると、雪が降らないのでとても過ごしやすいです。ただ朝と夜は普通に寒いです。防寒対策は必須です。日本の梅雨の時期のように雨の日が多いです。台風かと錯覚するくらい風と雨が強く外に出歩くのは危険なときもあります。

デービスのエクステンションの先生たちはフレンドリーでとても優しい人たちばかりです。つねに「最近はどう?何か困ったことはない?」と聞いてくれます。何かあったら遠慮せずなんでも言ってみるのがいいです。先生たちも学生たちが何を学びたいか気になっているようです。希望は言いましょう。必ず力になってくれます。

12月始めには、大学のとなりにあるダウンタウンでクリスマスツリーの点灯式がありました。一部に交通規制がかかり、聖歌隊のショーやマーチングバンドの演奏を見ることができました。たくさんの人たちが集まっていてとても楽しかったです。

アメリカのクリスマスは日本の年末年始のように家族で過ごすのが普通です。その為、クリスマスイブとクリスマスの2日間はほとんどのお店が閉まっているので出かけてもどこにも行けません。わたしはイブにダウンタウンに友達と行きましたが、まるで廃墟と化した町になっていて驚きました。11月のサンクスギビングにロサンゼルスに行ったときもこのような感じでした。

それとは反対に、ニューイヤーは友達や恋人同士でパーティーなどして祝うことも多いです。日本のクリスマスに近いです。

留学を通して外国人と英語で話すのが怖くなくなり、自分に自信がついたように思います。もちろん礼儀正しさは必要ですが、恥ずかしがらず、はっきり話すことが大切です。今、留学を悩んでいる人はぜひおすすめします。

友達の家のクリスマスツリー 各家庭毎年本物の木を買ってくる

友達の家のクリスマスツリー 各家庭毎年本物の木を買ってくる

ロサンゼルス旅行の時に訪れた海

ロサンゼルス旅行の時に訪れた海

2016半期海外留学生レポート(オーストラリア2)

月曜日, 1月 23rd, 2017

現在、オーストラリアのモナシュ大学に留学中の英語英米文学科2年の高橋さんからお便りが届きました。クリスマス前にいただいていたお便りでしたが、ご紹介するのが遅くなってしまいました。真夏のクリスマス、どのように過ごされたでしょうか。


皆さん、こんにちは。オーストラリアのモナシュ大学に留学中の英語英米文学科2年の高橋あかりです。

大学は、街中のビル内にあります。街は、いつも多くの人で賑わっています。学校での授業内容は、reading、speaking、writing、listeningで授業は、ペアやグループワークで行われます。ゲームもするので、楽しく英語を学んでいます。授業時間は、8時半から12時45分までで、放課後は学校内の留学生と会話やディスカッションをするサークルに参加したり、Fluent Fastという、現地の方や英語を学びたい多くの国の人が集まって会話をするイベントに行っています。
そこで、新しい友達を作ることができました。毎週行われているので、英語をたくさん話したいと思います。

また、私のクラスには、一人法政大学からの日本人、サウジアラビア、ラオス、中国からの14人の留学生がいます。みんなフレンドリーで、日本に興味のある人がほとんどです。また、私のホストファミリーはスリランカ出身の方です。スリランカ、中国、日本など多くの国の料理を作ってくれます。私が、間違った英語を話した時には丁寧に教えてくれたり、毎日日記を書いているのですが、その日記も添削してもらったりと、とても親切な方です。

また、授業期間が9月3日から12月9日まであり、12月9日から1月9日までの1か月間休暇があるため、私は一緒に留学に来ている友達と、1週間シドニーとゴールドコーストに旅行に行きました。

今後の予定は、私のホストファミリーは宗教上クリスマスが無いため、現地の友達の家でクリスマスを過ごす予定です。この1か月間様々な経験をしたいと思います。

留学に行くまでサポートしてくれた両親に感謝しています。

クラスのみんなと一緒に

クラスのみんなと一緒に

モナシュ大学事務室

モナシュ大学事務室

 

2016半期海外留学生レポート(アメリカ2)

月曜日, 1月 23rd, 2017

現在、英語英米文学科では1年生に向けて来年度の半期海外留学説明会を実施中です。1年生は熱心に留学に行った先輩からいろいろお話を聞いています。

そこで、アメリカのカリフォルニア大学デーヴィス校に現在留学中の2年生松井くんの留学レポートを紹介します。サンクスギビングなど、日本にはない祝日を肌で体験できるのも留学の良いところですね。今のタイミングで1年生にも読んでもらいたいレポートです。


デーヴィスに来て二ヶ月が経ちます。最初は静かだったクラスも、今ではみんなが打ち解けあい賑やかになっています。クラスは四つあり、Reading,Composition,Speaking,Grammarです。月曜日から木曜日の放課後にはアクティビティが設けられています。スポーツ、クッキングやディスカッションなど様々です。金曜日だけは授業は三つで終わり、午後から週末にかけて自分たちの好きなように過ごせます。

ホストファミリーとの生活にも慣れ、自分の家のようにリラックスできる場所になりました。マザーもファザーもとても親切で、いつも英語の練習相手を務めてくれます。ハウスルールで少し戸惑ったことは、シャワーは一日五分というものです。このルールは家庭によって異なりますが、これが平均的な長さらしいので、入浴時間が長いことに慣れてる人は覚悟しておいた方がいいです。中にはどうしてもファミリーと合わない学生もおり、途中でファミリーを変えた、という話を時々耳にします。ホストファミリーとの生活に不安を感じると思いますが、彼らも同じ人間です。一緒に暮らしてみると案外日本人と変わりません。こちらから要求を出すとすんなり受け入れてくれる事もあるので、不満に感じた事は遠慮せずに言った方がいいです。

また、サンクスギヴィングという祝日を体験しました。この日はアメリカ全土の人々が仕事を休み、家族との時間を楽しみます。ターキーという日本人なら憧れていであろう鳥の丸焼きが食べれますよ。

デーヴィスは田舎で何もないと聞いていましたが、ダウンタウンにはレストランがたくさんあり、映画館もいつくもあります。夜は街がライトアップされているいのでとてもキレイです。気になるあの子とデートにくり出してみるのもいいかもしれません…ショッピングを楽しみたいのであれば、Vacavilleという町に行くことをオススメします。デーヴィスからはバスで二十分程の距離にあります。たくさんの店がずらりと並んでいるので、欲しいものがあればそこで大体手に入りますよ。

アメリカでの生活に不安を感じるのは当たり前の事だと思います。でも慣れてしまえば、風景、人々や文化を楽しむ余裕が出てきます。きっと帰りたくなくなりますよ!

日々勉強している校舎です

日々勉強している校舎です。

サンクスギビングデーでの一枚。

サンクスギビングデーでの一枚。