臨床心理学総論B第十回講義(こころの病気Ⅰ~Ⅱ~解離性障害・統合失調症・不安障害~)

2009年12月15日 | By sano | Filed in: 臨床心理学総論 (2010年度 資料).

 今日は前回途中まで見たビデオの後半部分を少し見て、解離性障害についてお話しました。一般に言われる二重人格などのイメージと異なり、病気としての解離性障害でいくつかの人格がひとりの人の中に存在する場合、記憶が抜け落ちるという問題が生じることを理解してもらえたでしょうか?

  その後で、様々な幻覚や幻聴を伴うことがある統合失調症、突然大きな不安に襲われることのある不安障害についてお話しました。

 次回はもう少し不安を主症状とする病気についてお話してから、人格障害という問題について扱った映画を見ていこうと思います。


Comments are closed here.