臨床心理学総論B第十一回講義(こころの病気Ⅰ~Ⅱ ~不安障害・人格障害~)

2009年12月22日 | By sano | Filed in: 臨床心理学総論 (2010年度 資料).

  前回からの続きとして、今日は不安を主症状とするさまざまな病気についてお話しました。戸締りなどある特定のことが気になって他の事が手につかない強迫神経症などは、皆さん聞いたことがあるとおもいます。この病気の症状である「気になる」状態と、皆さんが「気にしすぎ」と思われる状態の違いは分かってもらえたでしょうか?

  後半は、ボーダーラインといわれる問題を持つ主人公が描かれた映画を半分だけ見ました。来週はその続きをお見せしようと思います。


Comments are closed here.