いよいよ「踊らないダンスセラピー」を一年R1クラスに導入中

2010年5月29日 | By kasai | Filed in: 基礎ゼミ (1年生), 踊らないダンスセラピー.

一年生は4クラスに分かれていて…そうそう、若々しく精力的な橋本先生のクラスでも、札幌ドームのファイターズ戦を見に行ったとブログに書いてありました。私のクラスは半分くらいの学生が行ったようです。無料チケット!!
私も行ったのですが遅れて着いて、学生の席が分からず右往左往という情けなさ…。
ダルビッシュも横浜に打たれたので少しガッカリでしたが、後で聞くと学生たちは札幌ドームの緑の人工芝での観戦を楽しんだようでしたよ!

イギリスの大学で、小さな可愛い男の子型ロボットを使って、自閉症の子供たちに「人と関わること」のレッスンをしている先生がいます。ロボットで博士論文を書いた先生ですが、元々はダンスセラピスト! 対人間だとどうにも人との関わりが難しい自閉症の子供が、相手が男の子型ロボットだと少しずつ関わり合っていく…という発見と実践的研究をしているのです。

ロボットとやりとりをしている日本語の解説付きビデオがあるので、一年生の基礎ゼミのR1組ではこれを紹介しました。http://toshi-kasai.info/study/ben_robins.htm にあります!

ということで、言葉ではない非言語的で身体的な関わりの重要性について、私は少しずつ理解を深めていくという作戦に出ているのです(^_^;V

それはそうと、話は変わりますが「踊る大捜査線」も次のが七月頃に公開ですね。今度はプロファイリングの話をしなくては…。  (R1担当:葛西)


Comments are closed here.