プロファイリングと聞き取り練習

2010年6月12日 | By kasai | Filed in: 基礎ゼミ (1年生), 踊らないダンスセラピー.

一年基礎ゼミR1クラスでは順次、心理学的なテーマについて小グループでのコンパクトな発表・紹介を始めています。前回は犯罪心理学、今回はプロファイリングと、犯罪系というか捜査系というか、そうしたテーマに関心があるようです。他には色彩心理学や社会心理学についてのグループも準備していますが。
個人的には昨今の刺激的なテレビドラマやアメリカ製クライム物の影響があると感じていて、どうなんだろう…と疑問に思っています。「踊る大捜査線」などの大人対象のはともかくとして、こども向けのアニメでは、毎週、小学生が殺人事件を目撃し調査する「コナン」、私はR指定すべきで小学生には見せるべきではないとさえ思っているのです。普通の人は一生の間に一度も遭遇することもないような「殺人事件」に小学生仲間が遭遇して死体を目にしているというのはどうなんでしょうか?!
私の専門の一つは「行動科学」なので、FBI行動科学課がかつて連続殺人の捜査に活用することで有名になったプロファイリングそのものには関心を持っていますがねえ…。

それとは別に、「聞き取り」レッスンを始めました。三人一組で、一人が質問者でもう一人が答える人。三人目の人は両者のやりとりをメモしていく…という、カウンセリングのレッスンではしばしば用いられる形です。ただし、今回は「尋問ではない・友達同士のなあなあではない・カウンセリングではない」ところの「聞き取り」のレッスンとして、きちんと事実を把握すること、相手の考えていることを把握することが目的です。 かなり楽しそうにやっていたので良かった良かった。このレポートは来週が締め切りでーす!


Comments are closed here.