保育士資格に挑戦できます!

2011年4月14日 | By kasai | Filed in: 「保育士」資格.

保育士の資格は、専門の学科がある大学で取得するのが普通ですが、実は保育士試験を受けて合格すれば保育士になれます!!

教育大学で長年教鞭をとっていた教授が臨床心理学科に移ってこられたとき、資格について話をしていたら出てきた話題でした。「えっ、とれるんですか?!というか、保育士試験を受けられるのですか?!」と驚いた尋ねたものでした。
その先生の説明によると、保育の現場で働いている方が学歴などの制約を超えて保育士資格をとれるようにするという歴史的な推移があったようです。それで、試験を受けて合格すると保育士資格が取得できる…。

確か、一次試験の筆記試験8科目に合格すると実技試験に進めて、さらに実技試験に合格するとめでたく「保育士」!!
8科目は一度に全部合格しなくとも、合格した科目は次年度の試験では免除されるありがたいシステムのおかげで、最初の年に5科目合格したけれども一次試験は落ちた…としても、次の年は落ちた3科目だけを受験して合格すると二次に進めるというのです!!

ありがたい制度ですね。
それでこの8科目ですが、内容的にはひどく難しいというわけではないと感じました。自分で勉強していっても努力するとかなり良い成績がとれる…。ただし、保育士試験の専門の方に聞くと、8科目それぞれには重要なポイントがあるので、そうした試験に出やすいポイントはしっかりつかんでおく方が有利だということです。

詳しいことはインターネットで検索すると説明が出てきます。ということで詳細はそちらに任せておきますが、この保育士資格については、同じ人文学部の「こども発達学科」でも資格取得の説明をしていますし、やはり取れると良い資格のようです。
ちなみに、保育士資格は今のところ一度取ると一生ものです。

札幌学院大学には「エクステンション・センター」というところがあります。カタカナの名前を見ても何だかさっぱり分からないので名前を変えたら良いのに…と思っていますが、簡単に言うと、「資格取得のための講座や講習を、札幌学院大学で受けられる」ものです。言い換えれば、パソコンや簿記や秘書やヘルパー等々の資格に関する講師の先生がわざわざ札幌学院大学までやってきてくれるので、受講生はバスや地下鉄あるいはJRに乗って札幌市街まで出かけていく必要がないということで、時間と体力が節約できますね。

ということなので、数年前、早速、「保育士資格取得講座」を開いてくださいね…とセンターに依頼すると、「はいはい」と保育士講座を準備してくれました(費用などの詳しいことはセンターで確認してください)。受講生は最初は少なかったと思いますが、何人かが保育士資格をとりました。
あっ、二次の実技の練習もしておかないといけないですよ。

昔はこういうのを「ダブル・スクール」と言ったものです。「大卒という学歴はほしい、同時に資格もほしい」というわけで、昼間に大学に通い、夜は専門学校などに通って資格を取ることを言います。「ダブル・スクーラー」とかと呼ぶのでしょうかねえ。
それが大学の中でできてしまうわけです。

特に幼稚園とか保育所とか、今話題になっている「こども園」などで働くようにならなくとも、子供に関わる集まりやイベントなどで「保育士です」というと、いろいろと活動の幅が広がるように思います。
東日本大震災では被災地ではいろいろなサポートがこれから何年も何年も必要となるでしょう。次の世代を任せることになる子供達のサポートに際して、保育士という資格があることは、相手方にとって安心の材料にもなるでしょう。そうした資格がなくてもボランティアは頑張っていくわけですが、子供が好きで子供に関心があるのならば、トライしてみてほしい資格だと思っています。


Comments are closed here.