「臨床心理士」に学科から挑む

2011年5月18日 | By kasai | Filed in: 「臨床心理士」資格.

札幌学院大学は、臨床心理学研究科という大学院修士課程(二年間)をもっています。この課程を修了すると、臨床心理士の受験資格が得られるものです。
歴史的には、北海道初の第一種指定大学院ということですが、最初に大学院ができてから臨床心理学科ができたということなので、少し不思議な感じがします。もちろん、臨床心理士という専門家を養成する点から見ると、臨床心理学科・臨床心理学研究科という一貫した流れがあることになりますね。
学科で成績が良い学生は、「小論文」と「面接」の試験のみ(2011年度の時点)で大学院の特別入試を受けることができます。すごいですがそれなりに勉強していないといけないことはもちろんです。成績上位者はこの学内特別選抜という試験が受けられるので、通常の大学院試験(一期・二期)と、合計三回も受けることもできます。まあ、3回目を受けるというのは、二回は落ちたということですがねえ…。それでも途中でめげずに「3度目の正直」と3回目の試験まで受ければということですね。
四年生のときの最初の受験で不合格。その後の一年間がんばって勉強して卒業目2年目に受けたけれどもまた不合格。それでもあきらめずにがんばって勉強して、とうとう3年目に合格したという筋金入れの学生がいました。すごい根性です。いまは法務省関係の少年鑑別所などの施設で勤務していると思いますが、そういう方面で働くことを強く思っていた学生のようです。本当にすごいですね。努力が報いられるのははたから見ていても嬉しいものです。



Comments are closed here.