Archives: ◎「心理学」

今年も後期の3科目でダンスセラピー・リーダー資格が取得できます!

2016年9月27日 | By kasai | 今年も後期の3科目でダンスセラピー・リーダー資格が取得できます! はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 「ダンスセラピー・リーダー」資格, アクティヴ臨床心理学科教員, 踊らないダンスセラピー, 身体心理療法.

臨床心理学科の3年次の科目「応用実習B(ムーブメント)」と、三年生ゼミ「心理学演習Ⅱ(ただし葛西ゼミ)」、そして大学院臨床心理学研究科の「健康援助学特論」の三つの科目で取得できるようにしています。 日本ダンス・セラピー協 • Read More »

「ダンスセラピーリーダー」で検索してみました。

2016年9月7日 | By kasai | 「ダンスセラピーリーダー」で検索してみました。 はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 「ダンスセラピー・リーダー」資格, 踊らないダンスセラピー, 身体心理療法.

ダンスセラピーリーダー資格は札幌学院大学の臨床心理学科で取得できることは書きましたが、最近書いた記事「ロボットダンス…」と「ヒップホップの人もコンテンポラリーのダンサーも、学院大に是非どうぞ!」と書いた後、検索サイトで調 • Read More »

ロボットダンスのヨーロッパ・チャンピオンが来ました。

2016年9月6日 | By kasai | ロボットダンスのヨーロッパ・チャンピオンが来ました。 はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 「ダンスセラピー・リーダー」資格, 踊らないダンスセラピー, 身体心理療法.

踊りのワークショップにたまたま講師として呼ばれているのですが、ヨーロッパでロボットダンスのチャンピオンだというイギリスの黒人さんが札幌でのワークショップにやってきました。 (コクジンという言葉を英語で言うと差別的表現なの • Read More »

若いダンサー、ヒップホップもコンテンポラリーもお待ちしています!

2016年9月6日 | By kasai | 若いダンサー、ヒップホップもコンテンポラリーもお待ちしています! はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 「ダンスセラピー・リーダー」資格, 踊らないダンスセラピー, 身体心理療法.

札幌は例の「ヨサコイソーラン」祭りのおかげもあり、また、元々ダンスの伝統があったようですが、若手のダンサー、踊り手がかなりいますね。 ここであらためてコンテンポラリーのダンサーや、ヒップホップのダンサーの若い方にお誘いで • Read More »

言葉よりも身体が語る…。

2016年6月13日 | By kasai | 言葉よりも身体が語る…。 はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 身体心理療法.

数十年も前の研究ですが、私がまだ若い頃に、「言葉での情報は全体の1/4程度で、情報の3/4,つまり75%ほどは非言語的なことによって伝わる」といった研究がいろいろとありました。数値は研究によって異なるようでしたが、はっき • Read More »

2016年度も前期に開講!

2016年4月16日 | By kasai | 2016年度も前期に開講! はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 身体心理療法.

2016年度になりました。 前期には「身体心理療法」の講義があります。ところで2014年に「日本ソマティック心理学協会」という身体心理学、身体心理療法に関わる協会が設立されました。様々な身体的な関わりを行う専門家が所属し • Read More »

新しい年度になりました

2016年4月4日 | By mori | 新しい年度になりました はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 心理学(2016年度).

このブログは、2016年度前期科目「心理学(1)」について語り合う場所です。ご利用下さい。

質問にお答えします-第2回-

2015年10月15日 | By mori | 質問にお答えします-第2回- はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 心理学(2015年度後期).

(全文を読む場合はタイトルをクリック) 前回の授業内容に関して寄せられた質問への回答です。 Q1. ギルバートライルは心はどこにあるかを考えるのを否定しましたが、結論的に機能(働き)にあると説いています。それは言い回しを • Read More »

質問にお答えします-第1回-

2015年10月8日 | By mori | 質問にお答えします-第1回- はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 心理学概説(2015年度).

(全文を読む場合はタイトルをクリック) 前回の授業内容に対して寄せられた質問への回答です。 Q1. 本質説では人の意思を阻害するような意味での抑圧がなされる可能性があり、その反面、物質的基盤があるなら本質説でも問題ないと • Read More »

質問にお答えします-第1回-

2015年10月8日 | By mori | 質問にお答えします-第1回- はコメントを受け付けていません。 | Filed in: 心理学(2015年度後期).

(全文を読む場合はタイトルをクリック) 前回の授業内容に対してなされた質問への回答です。 Q1. デカルトは大脳で唯一対称ではない器官だから松果腺と言ったとありましたが、調べたところ松果腺は顕微鏡で見ると大脳半球に対称に • Read More »