札幌学院大学 人文学部

  • 札幌学院大学
  • 札幌学院大学受験生特設
  • 資料請求

就職サポート

ガクインの就職支援体制

就職活動は早めのスタートが成功のカギ。
 ガクインでは働くことを早くから意識づけるため、1年次から正課授業として「キャリア教育科目」を設けています。
さらに4年間を通し一人ひとりの適性や進路に沿った指導が行えるよう、多彩な支援プログラムを構築。
経験豊富な専任職員や先輩学生の親身な指導も、就職実績を確実に押し上げています。

手厚い支援プログラムで、目指す進路へ着実に。

キャリア支援課

 学科別の担当職員と専門資格を持ったキャリアアドバイザーが常駐。
就職に関する疑問や相談に応じます。
3年次には学生全員と個人面談をし、一人ひとりの希望や適性に沿った就職活動をサポートします。
札幌学院大学

インターンシップ

 学生が在学中に取り組む就業体験のこと。
 受け入れ企業200社以上の中から、希望のインターンシップ先を選ぶことができます。
 自分の適性を知り、働くとは仕事とは何かを知る絶好のチャンスとなっています。
札幌学院大学

エクステンション講座

 正課授業で取得できる資格とは別に、キャリア形成や実務に役立つ資格・スキルを身に付けられる課外講座です。
 各資格のプロによる講義を学内で、しかも他の専門学校に比べ安価で受講できることから多くの学生が利用。
 公務員講座、宅地建物取引士講座など人気講座が揃っています。
人気講座
◎公務員講座 ◎国内・総合旅行業務取扱管理者講座 ◎宅地建物取引士講座
◎医療事務講座 ◎ビジネス能力(ジョブパス2級)講座 ◎保育士講座 ◎MOS講座
札幌学院大学

エクステンション講座の詳細は受験生応援サイトへ


学内合同企業説明会

 道内有名企業から国内大手まで、今春に約280社の企業を招き実施。
 採用担当者から目指す企業や業界の動向を直接聞ける、またとない機会です。
 この説明会の参加者から、毎年多くの内定者が出ています。

S&S

 内定を勝ち取った4年生が、後輩の3年生へ就職活動のアドバイスを行う活動です。
 毎年4年生が自主的に活動を引き継いでいます。
 直近の経験に基づいた面接、グループディスカッション対策やエントリーシートの書き方など、経験者だからこその具体的なアドバイスが好評です。

人文学部 国家試験対策

精神保健福祉士
(人間科学科・臨床心理学科で受験資格取得可能)
 本学ではこの国家試験対策講座(教養科目「全学共通特別演習」)を開講。本学専任教員が過去問題に触れながら、傾向と対策を把握し、確実に合格点を目指します。またこの講座では、なぜ国家資格が重要視されるのか、資格の有効性についても理解を深めていきます。担当は本学専任教員だから、いつでも質問に行けるのがメリット。2015年度の本学の精神保健福祉士国家試験合格率(現役生)は71.4%と高水準でした。
札幌学院大学

社会福祉士
(人間科学科で受験資格取得可能)
 学内で東京アカデミーによる国家試験対策講座を開講。専門家の分析による効率的な学習が可能になっています。また、卒業生による福祉学生のための「応援塾」(通称エスケン)を開催。エスケンとは、本学卒業生で福祉現場に働く複数名が、社会福祉士・精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)をめざす学生を対象に、現場での実践や知識・技法を伝える応援塾です。現役のソーシャルワーカと多く関わり、希望があれば任意実習先を紹介することもできます。エスケンでは、現場に出てもすぐに力を発揮できるような学生を育てていければと考えています。
札幌学院大学

小学校教諭採用試験対策
 こども発達学科で取得可能な小学校教諭一種免許状。小学校の教師になるためには、資格を取得するだけでなく、公立学校であれば都道府県や政令指定都市の教育委員会が実施する教員採用試験に合格し採用される必要があります。この採用試験には一次試験・二次試験があり、一次試験では主に筆記試験、二次試験では面接・実技試験等が課せられます。本学では一次試験対策として東京アカデミーの対策講座を学内で開講。また二次試験対策では、教育支援課職員による「教員採用二次試験対策ガイダンス&面接対策ワークショップ」や学科教員による集団討論対策等を行っています。教職員が一丸となって、教師になりたい学生をサポートしています。 2015年度小学校教員採用試験では、こども発達学科生は38名が合格し、北海道内第2位の合格者数となりました。
  • 札幌学院大学
  • 札幌学院大学
札幌学院大学
公務員講座受講生公務員講座を受講し、北見市役所に合格できました!

人文学部こども発達学科 2015年3月卒業
中 玲奈さん(北見北斗高校出身)

教員免許が取れ、学費が良心的だったため、ガクインを選びセンター試験利用で入学しました。子どものことを学ぶうちに、地元北見の子どもたちが一生暮らしていきたいと思える街づくりに貢献したいと考えるように。
そのため3年次の夏から約9カ月間、エクステンション講座で「公務員講座」を受けました。
最初はテキストに答えを写し、できるだけ多くの問題に触れるように努力。
公務員試験の問題は独特で、やり方が分からないと戸惑うことも少なくないからです。
問題をこなすうち、知識も勘も身に付いてきました。
週1~2回、無理なく通うことができたのは、講義が5講目以降に設定されていたため。
おかげで北見市役所に合格することができました。配属は未定ですが、故郷に貢献できる幸せを感じています。

札幌学院大学
[S&S]学生アドバイザーガクインならではの良き伝統が、就活の励みになりました。

人文学部英語英米文学科 2016年3月卒業
塚本 佳子さん(札幌北陵高校出身)

3年次のとき同じ学科の先輩がいたので、11月頃から毎週「S&S」に通いました。学生が自主的に行っている活動なので、ときにはお菓子を用意したりと自由な雰囲気。
でも先輩からのアドバイスに気づかされることも多く、就活の励みになりました。
内定をいただいた㈱ローレルは、砂川に本社を置く化粧品メーカーです。 道産素材を使ったナチュラルな商品と闊達な社風、トータルビューティを目指し成長している点に惹かれ応募しました。
就活が終わり今度は私が恩返しをしようと、友人と「S&S」の学生アドバイザーに参加。 12月中旬から、面接指導やゲームを使った自己分析法などを行っています。
春からの勤務先は表参道本店。
東京での新しい暮らしと仕事に、今からワクワクしています。

希望の進路をかなえた先輩たち(2016年3月卒業生)

札幌市役所 採用

遠藤 真梨那さん
人間科学科(枝幸高校出身)

札幌学院大学 社会福祉士と精神保健福祉士、2つの国家資格受験資格を得られることから人間科学科に進学。
授業で指定科目を履修できるのですが、やりたいことがたくさんあり忙しい4年間でした。
日本で不要になった車イスを海外に届けるボランティア活動では、ベトナムへ行きました。
学内では合気道部に所属。福祉現場での実習では、相手から学ぶことの大切さに改めて気づきました。
福祉の心構えをゼミの先生に相談できたことも、学びの支えに。
ハウスメーカーなどの仕事にも興味があり挑戦しましたが、最終的には札幌市の職員になることを選択しました。
一般事務の福祉コースで採用され、幅広い分野の福祉業務に就きます。地元ではなく札幌を選んだのは、障がいを持つ方から「住みづらい」と聞いたことがきっかけです。
公務員試験対策は独学で臨みましたが、資格試験の勉強が役立つ部分もあり幸いでした。
4年次に社会福祉士と精神保健福祉士の試験に合格できたのも、一緒に学ぶ仲間がいたおかげです。
福祉業務にはゴールがないので、今後も勉強を続け自分も共に成長していきたいと思います。
株式会社ニトリ 採用

佐藤 広大さん
英語英米文学科(札幌白石高校出身)

札幌学院大学 中学時代の先生の影響で英語が好きになり、教員を目指してガクインに入学。
日常会話表現を日本語と英語で比較する水島先生の「英語コミュニケーション論」が面白く、コミュニケーションに加えプレゼン力も鍛えられました。
2年次のAll English Campでは4日間英語漬けに。
ゼミのグアム研修では美味しいレストランを現地調査し、英語で意思疎通が図れたことに自信を深めました。
3年次になると「海外で働きたい」という気持ちが強くなり、教員から一般企業に進路変更。
ニトリは企業説明会に参加し、海外で働ける環境や斬新な経営手法などを知りその可能性に惹かれました。
web試験と性格検査を経て4月の1次面接、5月の2・3次面接を経て内定を手に。
最初は販売からスタートですが、キャリア形成のためのセミナーや海外でのリーダーを育成するグローバルトレーニー制度など、教育プログラムが充実しており、楽しみです。
ニトリを世界で知ってもらう、その中軸となって活躍できる社員を目指します。

札幌学院大学大学院 臨床心理学研究科 進学

佐々木 さとみさん
臨床心理学科(枝幸高校出身)

札幌学院大学 高校時代に友人から相談を受けても力になれず、もどかしい思いをしたのが臨床心理士を目指したきっかけです。
ガクインには第一種指定の大学院があり、実際の現場で必要となる専門的な知識や技術を学ぶための臨床実習が充実し、また、幅広い分野を学べることから入学。
8月に大学院を目指す「特別選抜入学試験」に臨みました。
学試験で行われる小論文はどんなテーマが出題されるか分からないので、職員の方に教えていただいた過去問を参考に自分の考えを時間内にまとめられるよう特訓。
面接はキャリア支援課の方や、大学院の先輩からも指導してもらいました。
願書では卒論と修論の研究計画書も提出するので、事前に先輩に目を通していただき納得がいく内容に。
無事合格できたのは先生や先輩、支えてくれた方々のおかげです。
4年間での学びは奥深く、特に「家族心理学」は進路を考える際に影響を受けました。
将来臨床心理士の資格を取得し、医療などの分野で「家族」に関わる問題を抱えた人のサポートをする仕事に就きたいと考えています。
北海信用金庫 採用

飯島 祐樹さん
こども発達学科(小樽潮陵高校出身)

札幌学院大学 小学校の先生になりたくて入学しましたが、次第に目的意識が薄れていきました。
やりたいことの答えが見つからないまま、公務員を目指し、公務員講座を受講。
しかし、模試で思うような結果が出ず、「これではいけない!」と目が覚め、自分を知ることから始めようとキャリア支援課に駆け込みました。
「安定志向が強い」という自己分析の結果を受け、民間ならどんな企業がいいかなどを幾度となく相談。
足繁く通ううちに職員の方に名前を覚えていただき、より親身なアドバイスを受けることができました。
面接指導でも入退室の仕方から話し方、その内容まで細かくチェックしていただき、おかげで7月に北海信用金庫に内定。
生まれ育った余市に本店のある同金庫は、地元に貢献できるまさに自分が求めていた職場です。
金融業界の知識は浅いですが、こども発達学科で学んだ視点を仕事にも生かせるはず。
自分らしい道に進めたのは、充実した支援制度と熱意ある先生のおかげだと感謝しています。

ガクインの就職支援の詳細は受験生応援サイトへ



各学科独自サイト

  • 人間科学科
  • 英語英米文学科
  • 臨床心理学科
  • こども発達学科
TOP

メインメニュー

HOME
人文学部について
学科紹介
教員紹介
教育
進路・就職
お問い合わせ

外部サイト