札幌学院大学 英語英米文学科

  • 札幌学院大学
  • 札幌学院大学受験生特設
  • 資料請求

トピックス

SGU English Camp 2016 を終えて

8月25日(木)〜28日(日)の日程で、英語英米文学科のイングリッシュ・キャンプ (Oral Communication D)が開催されました。25名の英文科の学生と3名の教員がニセコひらふの「ペンション フルノート」に滞在し、英語漬けの4日間を過ごしました。 キャンプ中のプログラムでは、英語を用いた様々なアクティビティが用意されていました。今年の参加者は全員1年生で、はじめは英語のみの生活に不安や緊張を感じていたようですが、そのような環境にもすぐに馴染んで、どんどん英語でコミュニケーションを取るようになりました。以降、4日間のレポートをご覧ください。 【1日目】 この日は昼過ぎに大学を出発し、夕方にペンションに到着しました。
教職員に見送られて、いざニセコへ出発!

教職員に見送られて、いざニセコへ出発!

中山峠でしばし休憩

中山峠でしばし休憩

ペンションに着くとすぐに、夕食をはさんで多くのアクティビティを行いました。以下に紹介するのはその一部です。
英会話で椅子取りゲーム

英会話で椅子取りゲーム

英語で質問を重ねながらの人探しゲーム

英語で質問を重ねながらの人探しゲーム

「自分にとって大切なもの」というお題でのShow & Tell (1)

「自分にとって大切なもの」というお題でのShow & Tell (1)

最後に、英語キャンプの日課である英語ジャーナル(日記)を各自でまとめ、初日のメニューがすべて終了しました。 【2日目】 2日目はあいにくの雨でしたが、屋内でできるアクティビティがたくさん用意されていました。
Kate先生のレクチャーでウォーミングアップ

Kate先生のレクチャーでウォーミングアップ

旅行者に英語で情報提供をするロールプレイ

旅行者に英語で情報提供をするロールプレイ

このタスクを通じて、学生たちは英語で数を計算したり、正確に情報を伝えたりすることの難しさを再認識した様子でした。同じグループの仲間と反復練習をするなど、自分たちで努力する姿も見られました。
ピクチャーカードを使った物語作りゲーム

ピクチャーカードを使った物語作りゲーム

お気に入りの写真を使ったShow & Tell (2)

お気に入りの写真を使ったShow & Tell (2)

昼食の後は、ゲストスピーカーであるGreg Houghさんの講演を聞きました。 ニセコで観光業を営むGregさんは、ビジネスの観点から英語コミュニケーションの大切さについてわかりやすく語ってくださり、質疑応答も活発に交わされました。「英語を話せることで、ここニセコでの仕事のチャンスが大きく広がる。失敗を恐れず、どんどん英語でのコミュニケーションにチャレンジしてほしい」と語るGregさんの言葉が学生たちの心に強く残ったことが、その日のジャーナルの内容から伝わってきました。
2日目の体験をジャーナルにまとめています。

2日目の体験をジャーナルにまとめています。

【3日目】 この日は朝から晴天で、午前中は Alpha and Betaという異文化シミュレーション・ゲームを行い、午後はバスに乗って近くの観光スポットに出かけました。 Alpha and Betaでは、学生たちが異なる文化を持つ2つのグループに分かれ、それぞれの社会のルールを学んだ後に、ゲストとしてお互いのコミュニティーを訪れることで、異文化コミュニケーションの疑似体験をしました。
Alphaの国王役の学生。威厳があります。

Alphaの国王役の学生。威厳があります。

Betaの文化について説明するRob先生

Betaの文化について説明するRob先生

休憩時間も楽しそうですね!

休憩時間も楽しそうですね!

ゲーム後に全員で振り返り

ゲーム後に全員で振り返り

昼食の後は、バスで神仙沼に向かいました。バスを降りて片道20〜30ほど歩くと、写真のような美しい景色が目の前に現れます。
神仙沼をバックに記念撮影

神仙沼をバックに記念撮影

こちらのハイキングコースは海抜750m以上の高原にあるため、爽やかな空気の中で会話を楽しみながら歩くことができました。 ペンションに戻ると、夕食前のアクティビティとして、グループごとに英語のキャンプ・ソング作りに取りかかりました。参加した学生たちのほとんどは英語で曲を作った経験がなかったため、はじめはアイディアを出すのに苦労していましたが、メンバー同士で協力して知恵を絞り、童謡など親しみのあるメロディーに乗せて、オリジナルのキャンプ・ソングを完成させました。
メロディーのリズムに合わせて歌詞を工夫します。

メロディーのリズムに合わせて歌詞を工夫します。

そしてこの日の夕食は、ペンションの庭でのバーベキューでした。夕方の涼しい風を浴びながら、地元の美味しい食材とおしゃべりを大いに楽しんで、全員大満足の夜でした。 【4日目】 イングリッシュ・キャンプもあっという間に最終日となり、ジャーナルのまとめや、英語の手紙を書いたりして朝の時間を過ごした後、いよいよ前日に作ったキャンプ・ソングを披露することになりました。どのグループの歌もとても上手にできており、聴き手から喝采を浴びていました。 その後、庭でフリスビーを使ったアクティビティを行い、ペンションで最後の昼食をとりました。
フリスビー・ゲームのルールを説明するRob先生

フリスビー・ゲームのルールを説明するRob先生

食事の時には学生たちが配膳のお手伝いをします。

食事の時には学生たちが配膳のお手伝いをします。

昼食後、イングリッシュ・キャンプのフィナーレとして参加者全員に修了証が授与され、さらに様々な部門で優れたパフォーマンスを見せた学生への表彰も行われました。 今回のイングリッシュ・キャンプを通じて、学生たちは多くのインプットとアウトプットを経験し、積極的に英語でコミュニケーションを取ろうとする姿勢が日増しに強くなりました。また、時間が経つにつれて、教員に指示されなくても自主的に課題に取り組むようにもなりました。ここで身に付けた知識や経験を活かして、今後の大学生活をさらに有意義なものにしていってほしいと思います!
お世話になったフルノートの皆さんと

お世話になったフルノートの皆さんと

 

2016.09.04|全件表示, 未分類

TOP