札幌学院大学 英語英米文学科

  • 札幌学院大学
  • 札幌学院大学受験生特設
  • 資料請求

トピックス

English Camp 2017 (Oral Communication D) を終えて

8月24日(木)〜27日(日)の日程で、ニセコでのEnglish Camp(Oral Communication Dという、英文科の専門科目です)が行われました。今年は天気予報では雨模様でしたが、現地では晴れ間も多く見られ、爽やかな気候の中で充実した4日間を過ごしてきました。
今年の参加者は1年生から4年生を含む21名で、当初は特に新入生から「先輩や先生方と初めての英語生活、緊張する〜!」という声も聞かれましたが、簡単なアイスブレーキングを終えると、すぐに学年を超えた交友関係が生まれ、ペンションの中には常に笑い声が響き渡っていました。
キャンプでは各種ゲームを通じた会話練習やジャーナル執筆、ゲストスピーカーとの交流など多彩なプログラムが組まれており、学生たちはそれぞれのアクティビティーを楽しみながら英語を学んでいました。まずは写真でその様子をご覧ください。

いざ、出発!

   

授業中の様子

   

Show & Tellでのひとコマ

   

Treasure Huntの答え合わせ

 

ゲストの佐藤 Kate先生とGraceさん

特に、今年度から新たに導入した English Talent Show というセッションでは、グループに分かれた参加者が自由にテーマを設定して披露するというものでしたが、英語の曲を作って歌い踊ったり、コミカルな寸劇やクイズショーで観客を沸かせるなど、短時間で準備したとは思えないほどクオリティーの高い発表が続き、いずれも歓声と大きな拍手を浴びていました。

何やら準備中

   

Koch先生も飛び入り出演

授業時間以外にも、ペンションの庭でのBBQや、ゲストの皆さんとのスパイシー・トマトジュース・パーティー(Koch先生おすすめの「トマトジュース+タバスコ+黒こしょう」で意外な美味しさ!)、ミルク工房でのひとときなど、参加者にとってたくさんの思い出ができたようです。

学生が教員におにぎりの作り方を伝授

   

トマトが苦手なOlson先生に注目(笑)

 

ミルク工房にて

 
English Campの様子は今後オープンキャンパス等でもご紹介していきますので、興味のある方はぜひお越しになってください。学生・教員共々お待ちしています!


2017.09.02|お知らせ, 全件表示

TOP