文化領域の授業風景:キャンパスで測量(考古学実習)

人間科学科の文化領域では、毎年、夏に考古学実習があります。今年度は8月11日から17日となります。

本学では置戸町と協定を結んでいて置戸町内の勝山神社遺跡の発掘を継続して行っています。学生は、黒曜石の石器などを自らの手で発掘するなど、感動の体験をしています。

 

現在は、キャンパス内で測量の実習を行っています。担当の臼杵先生は国内外で発掘に携わってきたプロです。

臼杵先生から測量の方法の説明「まっすぐに立てる」

臼杵先生から測量の方法の説明「まっすぐに立てる」

 

高さ(標高)を測る

 

もう何回も発掘にかかわっている学生も。

もう何回も発掘にかかわっている学生も。

 

臼杵先生は国内外で発掘にかかわっています。

 

キャンパス(野外)での測量以外には、教室で測量のマニュアル作成などを準備中で、夏の実習に携帯できるようにしています。

 

発表中。先生からの注文も。

発表中。先生からの注文も。

 担当の臼杵先生と鶴丸学長は、国内外で発掘に携わってきています。学長は多忙な日々ですがたまに考古学実習室におられます。

考古学実習担当の臼杵先生と、鶴丸学長

 

考古学実習室でパソコンにむかう鶴丸学長は、置戸町の発掘に携わってきました。

考古学実習室でパソコンにむかう鶴丸学長は、置戸町の発掘に携わってきました。

札幌学院大学には考古学資料展示室もあります。はにわの複製品や、石器、土器などが展示されています。

A館の1階にあります

A館の1階にあります

はにわの複製品。とてもいい表情しています。

 

たくさん陳列されています

たくさん陳列されています

考古学実習室になにげなくおかれた複製土器

 

ガイコツは複製。黒曜石もたくさんありますが全部、ナンバリングされています。

ガイコツは複製。黒曜石もたくさんありますが全部、ナンバリングされています。

 発掘ができる人間科学科の文化領域(考古学実習)には、驚きと発見があります。是非、展示室をのぞいてみてください。