実習報告会が開催されました(社会福祉実習)

昨年夏に行われた社会福祉実習修了生15名による実習報告会が12月26日午後に学内で開催されました。今年度も「福祉分野で働く卒業生との交流会」と合同開催とし本学卒業生7名が各地から参集してくださいました。

実習生、卒業生、実習指導者、教員

実習生、卒業生、実習指導者、教員

実習報告会は2部構成で、1部は主に次年度実習生にむけて、各領域ごとの実習内容や経験についての報告でした。1年前から実習終了までの個人の実習モチベーションの変化をあらわしたグラフは参加者の関心をひいたようです。2部は「利用者主体」と「ジレンマ」についてのテーマ報告でした。

発表風景

発表風景

利用者主体も、実習中に感じたジレンマも、学生が経験内容をもちよって、学んだことや考えたことをロールプレイのビデオクリップを作ったり、次年度実習生に投げかけたりしながら発表していました。

次年度実習生も真剣!

次年度実習生も真剣!

吉崎さんのコメント場面

吉崎さんのコメント場面

発表をふまえてフルーツシャトーよいちの吉崎さん(本学卒業生)からコメントとエールをいただきました。

実行委員会メンバー

実行委員会メンバー

実行委員のみなさん、お疲れ様でした!