[活動紹介]博物館実習―その1―

tsurudr

白衣を着て優しく微笑んでいるのは、本学の鶴丸学長のキャラクター「ツル博士」です。人間科学科現3年生の手嶋さんによる、繊細なタッチで知的な印象のデザインです。これまでの活躍については以下のブログ記事をごらんください。

[活動紹介]文化領域の活動を紹介します―考古学分野―

これからも「ツル博士」には文化領域の魅力を伝えてもらうために、ますます活躍してもらう予定です。今回はその第一弾として、「ツル博士」の専門分野の考古学とも深く関係する博物館実習の授業を紹介してもらいます。


SGUの学芸員課程は北海道内でも有数の歴史を誇り、北海道・東北各地の博物館学芸員として勤務する卒業生は一大ネットワークを形成しています。その課程の中核となる科目「博物館実習」も新学期を迎えて新たな1年のスタートを切りました。

IMG_1155r担当するのは、本学の皆川雅章先生(ディジタル・アーカイブズ)、大塚宜明先生(考古学)に加え、学長の古くからの知り合いでもあり、東京国立博物館に長く勤務され資料や展示の実際を熟知している佐々木利和先生をお迎えしての、豪華な布陣です。最初の授業ではさっそく、どこの博物館の収蔵庫でもかならず見かける梱包材の薄葉紙(うすようし)を手に取りながら、資料を守りかつ作業の効率化を図るための基礎的な手順の実習が行われていました。