2016年度のフィールドワークを実施しました

 私たち札幌学院大学人文学部社会調査室は、人間科学科の中でフィールドワークという授業を担当しています。フィールドワークという授業は、当然、現代社会を社会学の視点で分析するための研究方法を習得するための科目です。しかし、同時に、私たちは、フィールドワークの授業の中で、地域社会の中でさまざまな地域課題の解決のため活動されている方々と出会い、交流することを重視してきました。というのも、フィールドワークの授業を通じて、地域社会の中に飛び出し、実際地域で活躍している方々と出会い、交流し、ともに活動する経験を積むことで、授業に参加した学生たちが、自分が活躍できる分野を発見し、実際社会に出て大いに活躍してくれることを私たちは心から願っているのです。

   今年度、私たちは、2つのコースの「フィールドワーク」を実施しました。一つのコースでは、シャッター商店街化しつつあると言われている商店街の再生の方途を探るため、江別市の大麻銀座商店街を対象地として実施しました。

大麻銀座商店街のフィールドワーク。歩いてインタビュー先に向かいます。

大麻銀座商店街振興組合の協力をえて、商店街のホームページづくりを試みるという内容です。現在各商店のインタビューを終え、ホームページづくりをしているところです。完成後は、商店街でプレゼンテーションする予定でいます。

第二のコースでは、日本の中でも最も若者の力を必要としている地域社会のひとつである福島県昭和村を対象地に、11月20日から24日の期間で実施しました。昭和村小野川集落のおかあさんたちグループによる凍みモチという特産品づくりによる地域づくりを体験することが目的でした。

昭和村でのフィールドワーク。村人たちとの協働作業をするため作業着に着替えたところ。

    最後の夜、副町長さんはじめ、村役場、NPO法人苧麻倶楽部、「おり姫」、そして地域の方々30名の方々との交流会をもちました。その中で、参加学生が学んだ成果の発表会も実施しました。

clip_image002

昭和村でのフィールドワーク。村と集落の方々との交流会の席上で、参加した学生が調査成果の報告を行っているところ。

   発表では、今後の小野川集落における地域づくりの方向の提案も行い、参加した方々の意見交換も行われました。現在それらの成果のまとめの作業を行っているところです。

<文章と写真 社会領域・内田司先生&木戸功先生>