置戸黒耀石原産地研究グループよりご報告

人間科学科特任講師の大塚が代表を務める置戸黒耀石原産地研究グループが、北海道常呂郡置戸町でフィールドワークを実施しました。

今回のブログでは、調査の内容を簡潔に報告します。

黒耀石の大規模原産地である置戸黒耀石原産地における人類の資源開発の様相を明らかにすべく、ゴールデンウイークを利用し調査に臨みました。

今回の調査は学外の研究者2名と本学学生1名と私の4名。少数精鋭で黒耀石と遺物を求めて置戸の山中を歩き回りました。

調査中には置戸町の最高気温が全国一になるなど肉体的にはハードなものでしたが、未知の遺跡の発見など多くの成果を得ることでき、疲れも吹き飛びました。

現在は研究室で調査資料を分析しながら、今夏に実施する第二次発掘調査の準備を並行しておこなっています。

新学期がはじまって間もないですが、今から夏の調査が楽しみです。

 

写真1 山を登り調査中

写真2 地層の断面を観察

写真2 地層の断面を観察

写真3 石材サンプルの回収作業

写真3 石材サンプルの回収作業

写真4 調査終了、景色の良い高台で記念撮影。

写真4 調査終了、景色の良い高台で記念撮影。

これまでの調査成果は、5月26日に開催される日本考古学協会第83回総会での学会発表や、本学の紀要である『札幌学院大学人文学会紀要』100号などで報告しています。

本学紀要は大学のホームページから無料でダウンロード可能ですので、興味がある方はぜひご覧ください。