人間科学科文化領域より上ノ国町の御招きによる2泊3日研修ツアーのご報告

みなさんは上ノ国町をご存知ですか? 2月9日から11日まで、私たちは渡島半島の歴史遺産に富んだ上ノ国町を訪問し、貴重な文化財に触れ、町の方々と交流し、歴史と文化を生かす町の活性化について考えてきました。メンバーは臼杵、佐々木、澤井、児島ら教員4名と1年生を含む学生10名です。

北海道内では、人口減少や少子高齢化による地域の沈滞化が進んでいます。そこで、地域の資産を生かした新しいまちづくりによる活性化が課題となっています。上ノ国町は、北海道では希少な中世城下町からの歴史を持ち、豊富な文化遺産を有しています。また、それらの保存・活用の指針となる「歴史文化遺産基本構想」の策定に取り組んでいます。そして、特に若い世代からの意見を取り上げて、文化遺産をどのようにまちづくりに生かしていけるか検討するために、本学に協力要請があり、今回の研修ツアーが実施されました。

img_3761-1 img_0997

1日目、朝大学を出発し、到着後すぐに上ノ国町教育委員会の方から、上ノ国町歴史文化基本構想の説明など、セミナーがありました。ここで、私たちの今回の任務(!)の詳細が明らかになり、翌日の文化財見学への期待で興奮してきました。

5d8b40be-63ab-473d-aa46-6c401d4ddf68-1

セミナーの会場では遺跡からの発掘品も見せていただき、中世の陶磁器などの説明を受けながら手ざわりを感じることもできました。

宿舎での朝ごはん、町の方々の心づくしに感謝

宿舎での朝ごはん、町の方々の心づくしに感謝

いよいよ文化財見学ツアーの開始です。

観音堂内部

観音堂内部

観音堂内部、左側にあるのが150㎝を超える珍しい円空仏です。道指定有形文化財の十一面観音立像です。御簾でお顔が隠れていますが、前に座ると全貌を拝することができます。私たちも参拝し、その日観音講で集まっている女性たちにもお会いしました。高齢化で数人になったとはいえ今も続いていて、円空仏に対する信仰の強さにふれることができました。

img_3803

こういうストーブを初めて見た、そんなことにも感動がありました。

国の指定史跡である勝山館跡のガイダンス施設で勉強。夷王山の中腹あります。窓から見える日本海の景色は素晴らしいものでした。

国の重要文化財、笹浪家住宅

国の重要文化財、笹浪家住宅

その後、国の重要文化財、上国寺本堂と笹浪家住宅を見学しました。

上ノ国八幡宮ではおみくじ

上ノ国八幡宮ではおみくじ

上ノ国町の歴史や文化を体感した後、町の歴史文化遺産基本構想策定委員会委員長の田才雅彦さんの司会で意見交換会が開催されました。学生・教員たち全員が、率直な提言と、活発な意見交換を行い任務達成。

夜は町長、副町長をはじめ教育委員会文化財グループのみなさん、水産商工課長、町づくり協力隊のみなさんなどとにぎやかな懇親会でおおいに盛り上がりました。

今後も、地域の活動に、大学として協力していきたいと考えています。お世話になった上ノ国町の方々、ありがとうございました。

「札幌学院大学教師教育研究協議会」が行われました

1月10日(水)、「札幌学院大学教師教育研究協議会」が行われました。これは、教職課程の年間行事の1つであり、教師を目指す学生たちが先輩の先生方から話を聞ける貴重な機会です。

当日は第一部として、山田勇気先生(北海道新篠津高等養護学校)の講演会「私たちの幕が上がる-新篠津高等養護学校演劇部の全国大会出場までの軌跡」がありました。生徒達の実生活に取材したリアルな演劇(そして素晴らしい演技!)の映像を鑑賞し、また山田先生の講演をお聞きする中で、パフォーマンスを通じた教育のあり方について、学生たちも考えを深めることが出来ました。

山田先生の講演のようす

山田先生の講演のようす

第二部では教育実践研究会として、小学校、特別支援学校、英語、社会、商業の5つの分科会に分かれてワークショップや意見交換を行いました。授業を実際に体験するワークショップに参加したり、先輩の先生たちの授業への取り組みのようす、心がけていることなどを聞いたりして、学生たちにとって大変充実した時間になりました。

分科会のようす1

分科会のようす1

分科会のようす2

分科会のようす2

第三部では情報交換会が行われ、G館8階で美味しく楽しく語り合いました。

この数時間の先輩たちとのふれあいは、学生たちの教員になりたい気持ち、教員として頑張りたい気持ちをなお一層高めるものになったことと思います。

情報交換会のようす

情報交換会のようす

2017年度フィールドワーク現地調査を終えました

昨年度にひきつづき10月29日から11月1日の日程で福島県大沼郡昭和村でのフィールドワークを実施しました。本年度はすべて3年生の8名と内田、木戸の担当教員が参加しました。
img_3640
仙台までは飛行機、そしてそこから高速バスで会津若松に向かい、NPO法人苧麻倶楽部のみなさんに出迎えられ車で現地へと向かいました。昨年度は小野川集落にお世話になりましたが、本年度は野尻集落に受け入れていただきました。
img_3645
まるまる2日間の現地ので実習では、村内の参与観察、からむし織りの体験、地域の共同作業として施設の雪囲いのお手伝い、ゲートボール場の整備などなどに加えて、交流会などを通じてたくさんの方々にこの村での暮らしについてお話をお聞きしました。2日目の交流会では、現地調査をふまえた発表も行ないました。多くの学生が織姫さんや「孫ターン」などの移住者の方々とそれを受け入れる地域の方々との関わりに関心をもちました。また、それが結果的に孤立を防ぎ相互に見守り合うような関係を形成する「お茶飲み」のような地域の文化にも興味をもったようです。
img_3735 img_3744
ご協力をいただきましたみなさまに感謝いたします。とともに、来年度もよろしくお願いいたします。
img_3770
現在、学生たちは報告書の完成に向けた作業をつづけています。8名の履修者の中にも何人かが該当しますが、この授業は社会調査士の資格課程の認定科目のひとつとしても位置づけられており、このカリキュラムの総まとめ的な位置づけを与えられています。年度内の完成を目指します。

【予告】10月13日(金)11時~15時 SGUアールブリュット展を開催します

 コラボレーションセンターの主催プロジェクトとして、人間科学科の有志学生らが実行委員となり「アールブリュット展」を開催します。

 アール・ブリュットとはフランス語で「既存の美術や文化的背景を有しない人による芸術作品」の意味で、アウトサイダー・アートともいいます。近年は、障がいを抱える人による芸術活動が広がりをみせており、道内でも複数の事業所で取り組まれ、一部は商品化しています。本学での開催は始めてですが、絵画や手作り作品、文化・芸術等に関心のある福祉・心理専攻の学生9名で実行委員会を組織し、個性ゆたかな作品の展示の企画・準備を行います。実習等で協力機関となっている障がい者支援の事業所(ともに福祉会、北光福祉会、ペングアート)にご協力いただいて、テーマ性をもたせて展示を工夫しました。また、実行委員自らの作品も展示もしています。作品が表現していることをうけとりながら、ぜひ楽しんでください。

◇ 展示の開催内容 10月13日(金)11時~15時(コラボ周辺)
B館ロビー:メイン展示①イントロダクション
コラボエントランス:小作品、木工作品、集団描画、感想の樹
C館ロビー:メイン展示②テーマ性をもった展示(抽象画~細密画)
D館ロビー(畳):絵画の動物園

SGUアールブリュット展チラシ(←クリックしてください)

置戸黒耀石原産地研究グループよりご報告

人間科学科特任講師の大塚宜明が代表を務める置戸黒耀石原産地研究グループが、北海道常呂郡置戸町でフィールドワークを実施しました。

今回のブログでは、調査の内容を簡潔に報告します。

黒耀石の大規模原産地が所在する置戸町において人類の資源開発の様相を明らかにすべく、ゴールデンウイークにつづく第二弾として夏季長期休暇を利用し、調査に臨みました。

調査メンバー

調査メンバー

今回は、学外の研究者4名と本学学生3名、それに私を加えた計8名で、黒耀石と遺物を求め置戸の山中で発掘調査を行いました

遺物が大量に出土中

遺物が大量に出土中

8月15日から25日の10日間にわたる調査でしたが、今年は天候にも恵まれ、多くの成果をあげることができました。わずか9㎡の発掘調査区から石槍が約20点、さらに石器を作る際の破片や原石が数万点も出土しました。

測量調査風景

測量調査風景

出土遺物の膨大な量から、付近で採取可能な黒耀石原石を材料に縄文時代の人々が大規模な石器作りを行っていたことが読みとれます。

宿舎での遺物洗い

宿舎での遺物洗い


現在、研究室で調査資料についた土を水洗い中。今後、出土した遺物の分析作業を進めていく予定です。

なお、今回の調査中には、置戸町役場や置戸タイムス、読売新聞社の方々が取材のため遺跡を訪れてくださいました。遺跡の重要性を多くの方に理解してもらえるよう、さらなる情報発信に努めていきたいと思います。

上述の取材の記事は、広報おけと9月号、置戸タイムス2017年8月24日号、読売新聞2017年9月26日朝刊に掲載されています。興味がある方はぜひお読みください。

読売新聞北海道版掲載記事web版リンク先
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20170926-OYTNT50085.html

今後も調査を継続していく予定ですので、さらなる成果にご期待ください。

置戸黒耀石原産地研究グループよりご報告

人間科学科特任講師の大塚が代表を務める置戸黒耀石原産地研究グループが、北海道常呂郡置戸町でフィールドワークを実施しました。

今回のブログでは、調査の内容を簡潔に報告します。

黒耀石の大規模原産地である置戸黒耀石原産地における人類の資源開発の様相を明らかにすべく、ゴールデンウイークを利用し調査に臨みました。

今回の調査は学外の研究者2名と本学学生1名と私の4名。少数精鋭で黒耀石と遺物を求めて置戸の山中を歩き回りました。

調査中には置戸町の最高気温が全国一になるなど肉体的にはハードなものでしたが、未知の遺跡の発見など多くの成果を得ることでき、疲れも吹き飛びました。

現在は研究室で調査資料を分析しながら、今夏に実施する第二次発掘調査の準備を並行しておこなっています。

新学期がはじまって間もないですが、今から夏の調査が楽しみです。

 

写真1 山を登り調査中

写真2 地層の断面を観察

写真2 地層の断面を観察

写真3 石材サンプルの回収作業

写真3 石材サンプルの回収作業

写真4 調査終了、景色の良い高台で記念撮影。

写真4 調査終了、景色の良い高台で記念撮影。

これまでの調査成果は、5月26日に開催される日本考古学協会第83回総会での学会発表や、本学の紀要である『札幌学院大学人文学会紀要』100号などで報告しています。

本学紀要は大学のホームページから無料でダウンロード可能ですので、興味がある方はぜひご覧ください。

2016年度「フィールドワーク」報告書の刊行

人間科学科の社会領域で開講してる研究法・実習科目である「フィールドワーク」(1)および(2)では毎年選定したフィールドに出向いて社会調査の現地実習を行っています。その様子は2017年1月19日の投稿で紹介いたしました。

「フィールドワーク」(1)は福島県大沼郡昭和村をフィールドとして、人口減少が進む地域の実情とそこでの人々の暮らしについて調べました。フェリーをつかった長旅となりましたが、現地の人々とも交流しつつ充実した実習となりました。

「フィールドワーク」(2)は大学近郊の大麻銀座商店街をフィールドとして、こちらは現地に何度も通いながら、商店街とまちづくりについての調査を実施するとともに、特徴的な店舗のホームページ作成にもとりくみました。

このたび報告書『昭和村の暮らしと人々のつながり/商店街とまちづくり』が刊行されました。やや容量が大きいのですが、以下のリンクよりダウンロードできます。

こちらをクリックしてください

【OBOG必見】認定心理士資格申請について

人間科学科では、所定の単位を取得すると、申請により、認定心理士の資格が取得できるカリキュラムになっています。

この申請について、心理領域では書類の書き方などについてアドバイスを行い、また参考資料を配付しています。

現在、認定心理士の認定は、旧基準と新基準の2つが平行して行われています。卒業生の皆さんは、旧基準に対応したカリキュラムを受講しているため、2019年3月を超えると、申請できなくなってしまいます。

まだ2年ほど余裕がありますが(2017年3月現在)、申請をしたいと考えているかたは、お早めに、心理学領域の教員【窓口は舛田 email:masuda(あっとまぁく)sgu.ac.jp)】にご連絡ください。ただし、指定の科目を履修した年度やカリキュラムによっては、認定が難しい場合があります。まずは、ご相談いただければと思います。

SONY DSC

大学の周りはまだまだこんな感じです。早く春にならないかなぁ。

舛田(心理領域)

 

 

2016年度のフィールドワークを実施しました

 私たち札幌学院大学人文学部社会調査室は、人間科学科の中でフィールドワークという授業を担当しています。フィールドワークという授業は、当然、現代社会を社会学の視点で分析するための研究方法を習得するための科目です。しかし、同時に、私たちは、フィールドワークの授業の中で、地域社会の中でさまざまな地域課題の解決のため活動されている方々と出会い、交流することを重視してきました。というのも、フィールドワークの授業を通じて、地域社会の中に飛び出し、実際地域で活躍している方々と出会い、交流し、ともに活動する経験を積むことで、授業に参加した学生たちが、自分が活躍できる分野を発見し、実際社会に出て大いに活躍してくれることを私たちは心から願っているのです。

   今年度、私たちは、2つのコースの「フィールドワーク」を実施しました。一つのコースでは、シャッター商店街化しつつあると言われている商店街の再生の方途を探るため、江別市の大麻銀座商店街を対象地として実施しました。

大麻銀座商店街のフィールドワーク。歩いてインタビュー先に向かいます。

大麻銀座商店街振興組合の協力をえて、商店街のホームページづくりを試みるという内容です。現在各商店のインタビューを終え、ホームページづくりをしているところです。完成後は、商店街でプレゼンテーションする予定でいます。

第二のコースでは、日本の中でも最も若者の力を必要としている地域社会のひとつである福島県昭和村を対象地に、11月20日から24日の期間で実施しました。昭和村小野川集落のおかあさんたちグループによる凍みモチという特産品づくりによる地域づくりを体験することが目的でした。

昭和村でのフィールドワーク。村人たちとの協働作業をするため作業着に着替えたところ。

    最後の夜、副町長さんはじめ、村役場、NPO法人苧麻倶楽部、「おり姫」、そして地域の方々30名の方々との交流会をもちました。その中で、参加学生が学んだ成果の発表会も実施しました。

clip_image002

昭和村でのフィールドワーク。村と集落の方々との交流会の席上で、参加した学生が調査成果の報告を行っているところ。

   発表では、今後の小野川集落における地域づくりの方向の提案も行い、参加した方々の意見交換も行われました。現在それらの成果のまとめの作業を行っているところです。

<文章と写真 社会領域・内田司先生&木戸功先生>