新任教員紹介:佐藤満先生

P1110308r1月に咲く沖縄の桜はほこほこしている。
桜の花は少しずつ北を目指し、北海道で4月の終わりから咲く。
入学式や新学期のあわただしさを忘れさせてくれる。
4月には緊張で結んでいた口元、5月にはほころんでいる。


やはり4月に本学に着任された佐藤満先生からは、自己紹介としてご家族と一緒の写真と詩をいただきました。先生は「障害児・者教育論」「肢体不自由教育Ⅰ・Ⅱ」などをご担当で、とくにほぼ寝たきりの状態の児童のベッドサイドでの教育に関して北海道内でも主導的な実践を重ねてきています。本学で特別支援教育を志す学生にとって、先生の教育・人生への姿勢は大きなインパクトとなることでしょう。

(人間科学科広報担当)

新任教員紹介:中田雅美先生

保育所等に預けられず思うように仕事ができない人、認知症でも車を運転し一人で暮らしを望む人、育児と親の介護の狭間で自分の人生を模索する人、生きづらさを抱える人が最期まで生ききれる地域社会とは。またそのなかで福祉専門職(ソーシャルワーカー)に何ができるのか。地域社会は生活上の困難が発生する場であり、解決する場(主体)でもあるといわれています。人間科学科で一緒に地域における福祉を考えませんか。

大阪生まれで愛知には10年ほど、縁あって北海道に来ました。私自身も「地域」に根を張れるようつとめます。

中田雅美


4月に本学に着任された中田雅美先生の自己紹介です。先生は「地域福祉論A・B」「福祉科教育法A・B」などをご担当で、とくに地域社会のなかでの福祉のありかたについてのご研究を積み重ねてこられました。北海道でのさらなるご活躍に期待します。

(人間科学科広報担当)

学科長のごあいさつ:新入生の皆さんへ

2016gakkacho人間科学科へようこそ。私たち人間科学科の教員・職員・先輩学生は、新入生の皆さんを心から歓迎します。
人間科学科には、多様な学問領域―社会学、社会福祉学、心理学、教育学、歴史学、言語学、考古学など―の専門家がいます。学問領域には、それぞれ独自の問題への取り組み方があります。つまり、社会学には社会学の、歴史学には歴史学の「人間に対する見方」があり、それらの多様な見方によって、「人間」に様々な方向から光を当て、多角的に検討していく、というのが私たち人間科学科の基本的なあり方です。
また、学問というのは、決して孤立したものではありません。様々な隣接する領域との関わり合いの中で、刺激を受けつつ進歩するのが学問の通常の姿です。例えば私は心理学が専門ですが、心理学は、社会学・歴史学・言語学・哲学などと深い関わりがあります。ですから、これらの知識を得ることは、心理学を学ぶ上ではとても大切です。また、心理学が応用される領域として、福祉学・教育学などがあります。人間科学科は、これらの学問相互の関わり合いを実感できる学科であると思います。
新入生の皆さんが、これからの大学生活の中で、様々な興味深い学問と出会えますように。専門的な深い知識を身につけると共に、多角的なものの見方も知ることが出来ますように。どうぞ充実した大学生活をお送りください。私たちは皆さんを心から応援しています。

人間科学科長 舛田弘子

ご入学おめでとうございます

4月1日に2016年度入学式が挙行されました。他学科と合同でのSGUホールでのセレモニー(学長式辞、新入生挨拶、記念演奏)のあと、学科ごとに教室に移動して、学科長の挨拶、教員の紹介、教育支援課ガイダンスなどを行いました。IMG_1120そして最後に、クラスごとに担任教員から学生証が手渡されました。IMG_1125皆さんご入学おめでとうございます。これから4年間皆さんとともに学ぶことができるのを、人間科学科の教員一同心から楽しみにしています。

先生方、ありがとうございました!

人間科学科で教鞭を執られてきた先生方のうち、3名のかたが今年度末を持って退職されることになりました。写真は送別会での一こまです。

送別会 002

川合増太郎先生は、思想領域の文学関連科目「人間と文学」などの他、「基礎ゼミナール」「専門ゼミナール」また、全学共通科目の「ドイツ語」の授業などにおいて、温かく親身になって学生を指導してくださいました。

送別会 007

土渕美知子先生は、福祉領域の科目「福祉科教育法」、「社会福祉実習」などにおいて、福祉の専門家を志す学生たちを強く励まし、支えつづけてくださいました。

送別会 010

牧野誠一先生は、心理・教育領域の特別支援教育に関連する科目「障害児・者教育論」、「肢体不自由教育」などを通じて、教職を志望する学生はもとより、多くの学生に「バリアをなくして人と関わること」の大切さを明るく温かく語ってくださいました。

私たち一人一人が先生たちから学んだことを心にとめ、これからも頑張っていきたいと思います。先生がた、長い間本当にありがとうございました。どうぞこれからもお元気で。

卒業論文発表会が行われました

人間科学科では2月9日に卒業論文発表会が行われました。1年間をかけ、苦労して仕上げた卒業論文の成果を報告する場です。社会領域、福祉領域、心理・教育領域は、合同でポスターセッションによる発表を公開で行い、文化領域と思想領域は、口頭発表で行いました。

以下、SGUホールで行われた、社会領域、福祉領域、心理・教育領域の発表の様子を写真でご紹介します。

卒論15 005

SGUホールいっぱいに、発表ポスターを貼ったボードが並びます。

4年生は、自分の報告する内容をポスターにまとめ、また、卒論の概要レジュメを作成して、発表会に臨みました。一人あたり1時間半の発表セッションの中で、4回ずつ報告を行います。来聴の同級生、後輩学生、先生からは、質問や意見が次々に出されていました。

卒論15 002

発表者も来聴者も真剣そのもの。

4年生の皆さんも、これで安心して卒業式を迎えられることと思います。残り少ない学生生活、どうぞ楽しんでくださいね。

<記事と写真:舛田>

内田ゼミ:合宿で竹富島に行ってきました

昨年12月15日から18日までゼミ合宿のため沖縄県の竹富島に行ってきました。目的は、都会から竹富島に移住し頑張っている人たちに出会い交流することと、沖縄特有の交流文化「ゆんたく」を体験することです。

PC161542

費用節約のため格安航空での強行軍の旅でした。また、あいにく竹富島で最も寒くなった日にぶつかってしまいました。その中でも、移住した方々や島の人たちと「ゆんたく」で交流することができました。

PC171595

PC171612

沖縄のスローライフを肌で感じることができた合宿、みんな十分楽しめたのではないかと思います。

<記事と写真 社会領域 内田司先生>

基礎ゼミナールB全体発表会のご紹介

人間科学科の基礎ゼミナールB(1年次後期)では、その後半で、1年間の学習の成果を発表する事になっています。今年度も、12月4~18日の3回にわたって、5クラスがそれぞれ発表を行いました。

12譛・8譌・蝓コ遉弱ぞ繝溷・菴鍋匱陦ィ莨・IMG_9762

みんな真剣に聞き入っていますね。

最終日の4組の皆さんの発表は、イスラムについてでした。私たちを取り巻く社会の多様性を知る上で、大変重要なテーマだったと思います。途中で、デーツ(ナツメヤシの実)の試食もありました。

12譛・8譌・蝓コ遉弱ぞ繝溷・菴鍋匱陦ィ莨・IMG_9764

質問に真剣に回答。これも大学生として大切なスキルです。

12譛・8譌・蝓コ遉弱ぞ繝溷・菴鍋匱陦ィ莨・IMG_9757

デーツのお味はどうだったかな?

今年は、「いじめ」「社会人とは」「心霊現象」「大学生の規範意識」など、クラスの個性が伺える多様なテーマで、パワーポイントを駆使した発表がなされていました。この発表のために、通常のゼミの時間だけではなく、空き時間や夕方遅くにとりくんだ学生も多かったのではないでしょうか。そのような今日の頑張りはきっと明日に繋がります!1年生の皆さん、お疲れ様でした!

「中空知コタン(集落)跡地入口」碑を建立!

空知地方の歴史を調べて40年になります。その中で、今ひとつはっきりしていないのがアイヌ民族の歴史です。

 5年ほど前から調べ始め、その成果を、「空知・アイヌ民族の足跡(そくせき)」と題し、小冊子にまとめて発刊しました。そこに「空知にアイヌ民族の碑を!」と題する小紙をはさみ込んだのですが、それから4年目の9月19日(土)、多くの人々の賛同を得て(参列者は37名)、建立することが出来たのです。

 場所は新十津川町吉野の吉野橋近く(国道451号線沿い)です。車を降り、正面だけでなく、左・右の側面に刻まれている文字もお読みくだされば、と思います。

Pda0006

<写真と記事:杉山四郎先生> 

 

新任教員をご紹介します

人間科学科にこの9月から、新しい教員スタッフが加わりました。教職の教育学分野を担当される、川原茂雄先生です。以下、先生に自己紹介をお願いしました。

DSC_0773

はじめまして。本年9月1日より人文学部人間科学科に特任教授として着任しました川原茂雄(かわはらしげお)です。主な担当科目は、教育学概論、教職入門、生活指導論など、教職課程の科目が中心となります。この8月までは、北海道立高校の公民科の教員として勤務していました。この35年間の高校教育現場での経験を、これからの大学での教育に生かしていきたいと思っています。次年度からは、学校・教師をテーマにしての専門ゼミも担当する予定です。それでは、今後ともよろしくお願いします。

 <記事と写真 川原先生/構成 舛田>