社会調査室で、今度、「学生の新たな学びの形を探究する勉強会」を開催していきます

 現在、大学教育において学生が主体的、能動的に学ぶ教育の必要性が社会から強く求められるようになっています。人文学部人間科学科の社会調査室でもそうした社会の要請に応えるための勉強会を計画しています。具体的には、地域社会の中で、実際に地域の方々に受け入れてまらい、交流することを通して学ぶという教育方法の開発を目指せればと願っています。勉強会を通して具体的な学びの形を描き出したいと思います。

(社会領域)