人間科学科文化領域より上ノ国町の御招きによる2泊3日研修ツアーのご報告

みなさんは上ノ国町をご存知ですか? 2月9日から11日まで、私たちは渡島半島の歴史遺産に富んだ上ノ国町を訪問し、貴重な文化財に触れ、町の方々と交流し、歴史と文化を生かす町の活性化について考えてきました。メンバーは臼杵、佐々木、澤井、児島ら教員4名と1年生を含む学生10名です。

北海道内では、人口減少や少子高齢化による地域の沈滞化が進んでいます。そこで、地域の資産を生かした新しいまちづくりによる活性化が課題となっています。上ノ国町は、北海道では希少な中世城下町からの歴史を持ち、豊富な文化遺産を有しています。また、それらの保存・活用の指針となる「歴史文化遺産基本構想」の策定に取り組んでいます。そして、特に若い世代からの意見を取り上げて、文化遺産をどのようにまちづくりに生かしていけるか検討するために、本学に協力要請があり、今回の研修ツアーが実施されました。

img_3761-1 img_0997

1日目、朝大学を出発し、到着後すぐに上ノ国町教育委員会の方から、上ノ国町歴史文化基本構想の説明など、セミナーがありました。ここで、私たちの今回の任務(!)の詳細が明らかになり、翌日の文化財見学への期待で興奮してきました。

5d8b40be-63ab-473d-aa46-6c401d4ddf68-1

セミナーの会場では遺跡からの発掘品も見せていただき、中世の陶磁器などの説明を受けながら手ざわりを感じることもできました。

宿舎での朝ごはん、町の方々の心づくしに感謝

宿舎での朝ごはん、町の方々の心づくしに感謝

いよいよ文化財見学ツアーの開始です。

観音堂内部

観音堂内部

観音堂内部、左側にあるのが150㎝を超える珍しい円空仏です。道指定有形文化財の十一面観音立像です。御簾でお顔が隠れていますが、前に座ると全貌を拝することができます。私たちも参拝し、その日観音講で集まっている女性たちにもお会いしました。高齢化で数人になったとはいえ今も続いていて、円空仏に対する信仰の強さにふれることができました。

img_3803

こういうストーブを初めて見た、そんなことにも感動がありました。

国の指定史跡である勝山館跡のガイダンス施設で勉強。夷王山の中腹あります。窓から見える日本海の景色は素晴らしいものでした。

国の重要文化財、笹浪家住宅

国の重要文化財、笹浪家住宅

その後、国の重要文化財、上国寺本堂と笹浪家住宅を見学しました。

上ノ国八幡宮ではおみくじ

上ノ国八幡宮ではおみくじ

上ノ国町の歴史や文化を体感した後、町の歴史文化遺産基本構想策定委員会委員長の田才雅彦さんの司会で意見交換会が開催されました。学生・教員たち全員が、率直な提言と、活発な意見交換を行い任務達成。

夜は町長、副町長をはじめ教育委員会文化財グループのみなさん、水産商工課長、町づくり協力隊のみなさんなどとにぎやかな懇親会でおおいに盛り上がりました。

今後も、地域の活動に、大学として協力していきたいと考えています。お世話になった上ノ国町の方々、ありがとうございました。

置戸黒耀石原産地研究グループよりご報告

人間科学科特任講師の大塚宜明が代表を務める置戸黒耀石原産地研究グループが、北海道常呂郡置戸町でフィールドワークを実施しました。

今回のブログでは、調査の内容を簡潔に報告します。

黒耀石の大規模原産地が所在する置戸町において人類の資源開発の様相を明らかにすべく、ゴールデンウイークにつづく第二弾として夏季長期休暇を利用し、調査に臨みました。

調査メンバー

調査メンバー

今回は、学外の研究者4名と本学学生3名、それに私を加えた計8名で、黒耀石と遺物を求め置戸の山中で発掘調査を行いました

遺物が大量に出土中

遺物が大量に出土中

8月15日から25日の10日間にわたる調査でしたが、今年は天候にも恵まれ、多くの成果をあげることができました。わずか9㎡の発掘調査区から石槍が約20点、さらに石器を作る際の破片や原石が数万点も出土しました。

測量調査風景

測量調査風景

出土遺物の膨大な量から、付近で採取可能な黒耀石原石を材料に縄文時代の人々が大規模な石器作りを行っていたことが読みとれます。

宿舎での遺物洗い

宿舎での遺物洗い


現在、研究室で調査資料についた土を水洗い中。今後、出土した遺物の分析作業を進めていく予定です。

なお、今回の調査中には、置戸町役場や置戸タイムス、読売新聞社の方々が取材のため遺跡を訪れてくださいました。遺跡の重要性を多くの方に理解してもらえるよう、さらなる情報発信に努めていきたいと思います。

上述の取材の記事は、広報おけと9月号、置戸タイムス2017年8月24日号、読売新聞2017年9月26日朝刊に掲載されています。興味がある方はぜひお読みください。

読売新聞北海道版掲載記事web版リンク先
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20170926-OYTNT50085.html

今後も調査を継続していく予定ですので、さらなる成果にご期待ください。

置戸黒耀石原産地研究グループよりご報告

人間科学科特任講師の大塚が代表を務める置戸黒耀石原産地研究グループが、北海道常呂郡置戸町でフィールドワークを実施しました。

今回のブログでは、調査の内容を簡潔に報告します。

黒耀石の大規模原産地である置戸黒耀石原産地における人類の資源開発の様相を明らかにすべく、ゴールデンウイークを利用し調査に臨みました。

今回の調査は学外の研究者2名と本学学生1名と私の4名。少数精鋭で黒耀石と遺物を求めて置戸の山中を歩き回りました。

調査中には置戸町の最高気温が全国一になるなど肉体的にはハードなものでしたが、未知の遺跡の発見など多くの成果を得ることでき、疲れも吹き飛びました。

現在は研究室で調査資料を分析しながら、今夏に実施する第二次発掘調査の準備を並行しておこなっています。

新学期がはじまって間もないですが、今から夏の調査が楽しみです。

 

写真1 山を登り調査中

写真2 地層の断面を観察

写真2 地層の断面を観察

写真3 石材サンプルの回収作業

写真3 石材サンプルの回収作業

写真4 調査終了、景色の良い高台で記念撮影。

写真4 調査終了、景色の良い高台で記念撮影。

これまでの調査成果は、5月26日に開催される日本考古学協会第83回総会での学会発表や、本学の紀要である『札幌学院大学人文学会紀要』100号などで報告しています。

本学紀要は大学のホームページから無料でダウンロード可能ですので、興味がある方はぜひご覧ください。

企画展示「DESIGNARE」の開催

私たち学芸員課程の学生は博物館実習の一環として、実習生でアイデアを持ち寄って企画し、企画展を開催しました。展示開催にあたり、資料の借用などで多くの方に御協力をいただいたおかげで、11月15日に無事に企画展を開催することができました。

今回の企画展は、デザインをテーマにした「DESIGNARE」です。来館者の皆様にデザインについて考え、身近に潜むデザインやロゴの意味や、デザイン効果などを意識していただくことが本企画展の目的です。

色や色の効果、札幌学院大学や企業のロゴマーク、商品パッケージ、漫画、映画のパンフレット、ピクトグラム、大学構内にある絵画マップなどを展示しました。

 ご来館いただいた皆様ならびに、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

 

7ccca5736c9263eb241579773cc20d31fda852b1std

展示制作メンバー

 

47958f6f14d8ea7d4a9053b4249468010e797910std

色のイメージの展示

df32812b1bdcf2962370a832595b52192fc230b7std

ピクトグラムの展示

<記事と写真 文化領域 大塚宣明先生&受講生の皆さん>

公開講座「人間論特殊講義」を開催しました

 8月22日から26日までの5日間、台風が相次いで上陸し不順な天候の続くなかでしたが、人文学部公開講座「人間論特殊講義」を開催しました。

1日目「イントロダクション」

1日目「イントロダクション」(講師:奥田)

 今年度の総合テーマは「人文力~資源としての人文知、闘争としての人文知」です。文学、歴史、文化などのいわゆる人文的な知は、けっして「役に立たない」ものではなく、人間にとっての大切な財産であり資源です。そうした人文知の持つ価値とはどのようなものか、人文知をめぐって権力、学問、一般民衆がどのように戦ってきたか、その戦いは現代社会のなかで今後どのように展開するのかを、人間科学科だけではなく本学のさまざまな学部学科を横断するかたちで教授陣が協力しながら論じることが、本講座のねらいです。

3日目「情報を持てるもの持たざるもの」

3日目「情報を持てるもの持たざるもの」(講師:石川千温先生)

 各回の講義では繰り返し「本物の力」「地域」「多様性」「倫理」「アイデンティティー」あるいは「権力」「少数者」「差別」「壁」などの概念が取り上げられ、これらをキーワードにして、それぞれの講義が互いに密接に結びついていました。講義後のアンケートをみても「自分も積極性を持って大学生活を送らなければならないと感じた」、「文学が人文知の『主戦場』であるという意味が理解できた」など、おおむね好評のうちに当初のねらいは受け止められたようです。

最終日「国際交流:壁とその向こう」

最終日「国際交流:壁とその向こう」(講師:ダン・ヒンクルマン先生、白石英才先生)

 さまざまな角度から「人文知」について考える機会を得ることにより、講義する側の私たちも多くを得ることができました。お天気に恵まれないなか参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

(コーディネーター 奥田)

[活動紹介]博物館実習―その1―

tsurudr

白衣を着て優しく微笑んでいるのは、本学の鶴丸学長のキャラクター「ツル博士」です。人間科学科現3年生の手嶋さんによる、繊細なタッチで知的な印象のデザインです。これまでの活躍については以下のブログ記事をごらんください。

[活動紹介]文化領域の活動を紹介します―考古学分野―

これからも「ツル博士」には文化領域の魅力を伝えてもらうために、ますます活躍してもらう予定です。今回はその第一弾として、「ツル博士」の専門分野の考古学とも深く関係する博物館実習の授業を紹介してもらいます。


SGUの学芸員課程は北海道内でも有数の歴史を誇り、北海道・東北各地の博物館学芸員として勤務する卒業生は一大ネットワークを形成しています。その課程の中核となる科目「博物館実習」も新学期を迎えて新たな1年のスタートを切りました。

IMG_1155r担当するのは、本学の皆川雅章先生(ディジタル・アーカイブズ)、大塚宜明先生(考古学)に加え、学長の古くからの知り合いでもあり、東京国立博物館に長く勤務され資料や展示の実際を熟知している佐々木利和先生をお迎えしての、豪華な布陣です。最初の授業ではさっそく、どこの博物館の収蔵庫でもかならず見かける梱包材の薄葉紙(うすようし)を手に取りながら、資料を守りかつ作業の効率化を図るための基礎的な手順の実習が行われていました。

企画展示「開け!おもちゃ箱」の開催

私たち学芸員課程の学生は博物館実習の一環として、実習生でアイデアを持ち寄って企画し、実際に企画展を開催します。展示開催にあたり、資料の借用などで多くの方に御協力をいただいたおかげで、11月17日に無事に企画展を開催することができました。

図2:展示制作メンバー

展示制作メンバー

今回の企画展は、おもちゃをテーマにした「開け!おもちゃ箱」です。来館者の皆様に「おもちゃとは何か」について考え、子供だった当時を思い出しなつかしんでいただくことが本企画展の目的です。私たち実習生にとって身近である祖父母(昭和初期)と父母(昭和中期から後期)、私たち(平成)の時代に遊ばれたおもちゃについて展示しています。それらに加えて、日本の郷土玩具や実習生の思い出のおもちゃについても取り上げ展示しました。

図3:展示解説中

展示解説中

図4:昭和初期のおもちゃの展示

昭和初期のおもちゃの展示

図5:現代のおもちゃの展示

現代のおもちゃの展示

図6:郷土玩具の展示

郷土玩具の展示

   北海道新聞やまんまる新聞、大学の周りのお店の方々の皆様の宣伝のおかげで、多くの方々にご来館いただきました。ご来館いただいた皆様ならびに、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

                 <記事と写真 文化領域 大塚先生>

 

[活動紹介]文化領域の活動を紹介します―考古学分野―

文化領域の活動を紹介します。

今回は「SGUで学ぶ考古学」と題し、日々の活動内容をポスターで紹介します。活動に参加している学生たちがポスターを作成してくれました。イラストもお手製で、考古学分野に関連する教員・学生が描かれています。校内でイラストそっくりの人をみかけたら、ぜひ声をかけてみてください。

let’s-party-kokogaku-r札幌学院大学の考古学分野の特徴は、掘る・観る・調べる・作ることを通して、「体と頭を動かす総合学習」を推進している点にあります。詳しくはポスターをご覧ください。

高校生活では、頭に詰めこむ学習が一般的で、それを苦手としていた方も多いのではないでしょうか。そのような方でも本学の考古学分野が実施している総合学習を通じて、体を動かし体験しながら、自然と頭が動く不思議さと楽しさを感じることができるはずです。日々の体験を大切に一緒に考古学を学びましょう。いつでも参加をお待ちしています。

次回は、本学が協定を結ぶ北海道常呂郡置戸町にて8月9日〜16日に実施する発掘実習について報告する予定です。遺跡から出土するたくさんの石器(旧石器時代:約1万5千年前)に加え、町内の人々との交流などの催しも盛りだくさんです。楽しみにお待ちください。

<記事:文化領域・大塚宜明>

新任教員紹介:大塚 宜明先生

人間科学科には2014年度4月より大塚宜明先生が着任されました。写真は研究対象でもある石器です。

石器と大塚先生

石器と大塚先生

研究室は5階で眺めはいいです。

研究室は5階で眺めはいいです。

自己紹介:私は、アフリカで誕生した人類が、旧石器時代(氷河時代)の日本列島に、どのように移住し住み着いたかを研究しています。世界規模の非常にスケールの大きな内容ですが、実は10cmにも満たない小さな石のカケラ(石器)が研究の対象です。

私の考古学との出会いは、大学入学直後に見た、小さな石のカケラがはじまりでした。標本箱にぎっしり詰まった石のカケラは見るからに鋭利だったので、私は昔の人が作った道具なんだと感動していました。その時、「それは道具ではなく、道具を作ったときにできた石のカケラ、つまりゴミだよ」という話を先輩から聞き、私は驚愕しました。なぜなら、自分にはその石のカケラが当時の人の道具だったのか、あるいは道具を作った時のゴミかも分からなかったからです。同時に、それを判断することのできるのが考古学なんだなと実感したのです。

物言わぬ石のカケラから過去を読みとる。それが私の考古学との出会いであり、その時の思いが今でも私の研究の原動力となっています。皆さんも、自分の打ちこめるものを見つけ、自身の世界を築いていきましょう。チャンスは、皆さんのまわりにあるはずです!!!

 

児島恭子教授のエッセイを巻頭に掲げた広報を発行しました

児島恭子教授による自己紹介を兼ねたエッセイ「文化の多様性と人間を知る学問へのいざない」が、3月7日発行の『札幌学院大学人文学部報』35号巻頭に掲載されました。人間科学科の近況報告などの記事もあります。1ドル360円というと、日本円の米ドルに対する価値が現在の3分の1以下の時代です。

人文学部報35号表紙