社会福祉実習報告会・卒業生交流会を開催しました

2017年12月16日の午後、本年度の社会福祉実習報告会と卒業生交流会を合同開催しました。

全員そろって恒例の集合写真

全員そろって恒例の集合写真

参加者は、今年度の実習生22名、次年度実習予定の学生、福祉領域で働く卒業生(OB・OG)9名、実習指導者2名、実習関連の担当教員など、総勢約60数名でした。

発表は、領域ごとの実習概要と、3つのテーマごとの発表を行いました。テーマは、①利用者の主訴をどのようにつかんでいたのか、②さまざまな制約のなかで利用者本位をどう実現していたのか、③実習施設において社会福祉士は何のために存在していたのかなど、大きなテーマ設定でしたが、実習生の体験をもとにこれらのテーマにいどみました。

_20171216_143419

実習場面の再現

実習場面の再現

開催にこぎつけるまでのリハーサルでは、教員からいくつものコメントや注文があり、当日までの準備は大変だったと思いますが、当日は、それらの修正や議論を経て自分たちの今の結論にたどり着いたと思います。

発表のあと、卒業生からの実践報告2名、北海道医療大学の向谷地生良先生の総評がありました。卒業生からは、自分の実践経験から学生に対してのエールやアドバイスがあり、また向谷地先生からは「どんどんいきづまってほしい」と、当事者研究の理念に即した笑顔のアドバイスがありました。

dsc_0539

卒業生:黒澤智尚さん

_20171216_162601

卒業生:高田七海さん

向谷地先生の総評「どんどんいきづまってほしい」

向谷地先生の総評「どんどんいきづまってほしい」

また、最後に卒業生と実習指導者の方全員からもコメントを頂き、大変有意義な時間を過ごすことができました。

実習報告会の実行委員は、4週間にわたりしっかり皆をリードしていました。

_20171216_172055

実行委員

報告:横山

 

置戸黒耀石原産地研究グループよりご報告

人間科学科特任講師の大塚が代表を務める置戸黒耀石原産地研究グループが、北海道常呂郡置戸町でフィールドワークを実施しました。

今回のブログでは、調査の内容を簡潔に報告します。

黒耀石の大規模原産地である置戸黒耀石原産地における人類の資源開発の様相を明らかにすべく、ゴールデンウイークを利用し調査に臨みました。

今回の調査は学外の研究者2名と本学学生1名と私の4名。少数精鋭で黒耀石と遺物を求めて置戸の山中を歩き回りました。

調査中には置戸町の最高気温が全国一になるなど肉体的にはハードなものでしたが、未知の遺跡の発見など多くの成果を得ることでき、疲れも吹き飛びました。

現在は研究室で調査資料を分析しながら、今夏に実施する第二次発掘調査の準備を並行しておこなっています。

新学期がはじまって間もないですが、今から夏の調査が楽しみです。

 

写真1 山を登り調査中

写真2 地層の断面を観察

写真2 地層の断面を観察

写真3 石材サンプルの回収作業

写真3 石材サンプルの回収作業

写真4 調査終了、景色の良い高台で記念撮影。

写真4 調査終了、景色の良い高台で記念撮影。

これまでの調査成果は、5月26日に開催される日本考古学協会第83回総会での学会発表や、本学の紀要である『札幌学院大学人文学会紀要』100号などで報告しています。

本学紀要は大学のホームページから無料でダウンロード可能ですので、興味がある方はぜひご覧ください。

福祉系大学の学生が取り組む「ソーシャルワーカーの“声”プロジェクト」ワークショップが開催されました

2016年12月17日(土)に、福祉系大学の学生が取り組んでいる「ソーシャルワーカーの“声”プロジェクト」のワークショップが開催されました。「ソーシャルワーカーの“声”プロジェクト」とは、2011年3月11日の東日本大震災を契機として福祉系大学経営者協議会に立ち上げられた災復興支援委員会の活動のひとつで、学生が災害支援活動に従事したソーシャルワーカーから災害時のソーシャルワークや想いを聴き取り、記録として残すことを目的としたものです。今回は本委員会の委員長校でもある関西福祉科学大学(大阪府)の学生2名と教員1名が来学し、復興支援やソーシャルワーク関心のある学生約30名とともにワークショップが行われました。

%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97

当日の内容は、すべて関西福祉科学大学の学生主導で進められ、関西人ならではのつかみトーク、活動についてまとめられた資料や動画などをみながらプロジェクトが紹介されました。関西福祉科学大学復興支援プロジェクトでは、2012~2016年の5年間で宮城県・岩手県・福島県への派遣が第10次派遣にのぼり、「ソーシャルワーカーの“声”プロジェクト」だけでなく、学生が集めた“声”を発信する「学生“語り部”プロジェクト」も行われてきました。2015年度からは新たに、全国の福祉を学ぶ大学生と災害ソーシャルワークを考える「未来のソーシャルワーカー・ネットワーク」のほか、現地で“災害ソーシャルワーク”について伝えたり、災害支援を考える学生シンポジウムを開催してきたということでした。

%ef%bd%97%ef%bd%93%e3%81%af%e3%81%98%e3%81%be%e3%82%8a

プロジェクト紹介後のグループワークでは、「もし自分がソーシャルワーカーとして働く場所で災害に遭ったら…」という想定で、〔物資〕・〔プライバシー〕・〔配慮が必要な方〕の3つから1つのテーマを選び、グループごとに避難所での支援についてディスカッションを行いました。グループワークでは、時間が足りなかったり、現地の避難所を想像すること、自分がソーシャルワーカーとして働くことがなかなか想定できず苦戦している様子もうかがえましたが、関西福祉科学大学の2名の学生もグループに入り、学生同士積極的に意見を交換していました。また5つに分かれたグループそれぞれから、「話を聞くことで不安が取り除けるかもしれない」「備えることが大事だと感じた」「日ごろの付き合いや住民同士のつながりなどに配慮する必要がある」などの意見が報告されました。

%e3%81%95%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%88

最後に、関西福祉科学大学のお二人から、本プロジェクトが立ち上がったきっかけとして、ソーシャルワーカーは自衛隊や医師などと異なり、活動が見えにくいということ。ソーシャルワーカー自身も「何も出来なかった」という想いや「災害直後には必要ない」という声もあったということでした。しかしプロジェクトメンバーが実際に現地のソーシャルワーカーにインタビューし、その中から出てきた様々な出来事などをもとに災害時におけるソーシャルワーカーの専門性は何かを考え、話し合いを重ねた結果、ソーシャルワーカーの活動のキーワードは、“本来持っている力を引き出す介入”であり、平時からの専門性が災害時にも発揮されていたとまとめられていました。

今回の企画は、関西福祉科学大学側からの申し出で実現したワークショップです。参加した学生の感想には、「同年代にこんなすばらしい活動をしていることに感銘を受けました。ずっと被災地支援にいきたいと思いながらいけなかった大学生活に後悔と、このままじゃいけないということを改めて思わせていただけました」、「震災時に福祉専門職はどのようなことが出来るのか、またどのようなことをすべきなのか考えるきっかけとなった。・・・もし災害が起こったときに対応できるよう、日ごろから何が出来るか考えなければならないと感じた」など、受け入れ担当者としても参加した学生たちの感想に力をもらった企画となりました。

(文責:中田雅美)

参考:ソーシャルワーカーの声プロジェクト公式Facebookページ

https://www.facebook.com/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%A3%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88-822635364492700/?hc_ref=PAGES_TIMELINE