2016年度のフィールドワークを実施しました

 私たち札幌学院大学人文学部社会調査室は、人間科学科の中でフィールドワークという授業を担当しています。フィールドワークという授業は、当然、現代社会を社会学の視点で分析するための研究方法を習得するための科目です。しかし、同時に、私たちは、フィールドワークの授業の中で、地域社会の中でさまざまな地域課題の解決のため活動されている方々と出会い、交流することを重視してきました。というのも、フィールドワークの授業を通じて、地域社会の中に飛び出し、実際地域で活躍している方々と出会い、交流し、ともに活動する経験を積むことで、授業に参加した学生たちが、自分が活躍できる分野を発見し、実際社会に出て大いに活躍してくれることを私たちは心から願っているのです。

   今年度、私たちは、2つのコースの「フィールドワーク」を実施しました。一つのコースでは、シャッター商店街化しつつあると言われている商店街の再生の方途を探るため、江別市の大麻銀座商店街を対象地として実施しました。

大麻銀座商店街のフィールドワーク。歩いてインタビュー先に向かいます。

大麻銀座商店街振興組合の協力をえて、商店街のホームページづくりを試みるという内容です。現在各商店のインタビューを終え、ホームページづくりをしているところです。完成後は、商店街でプレゼンテーションする予定でいます。

第二のコースでは、日本の中でも最も若者の力を必要としている地域社会のひとつである福島県昭和村を対象地に、11月20日から24日の期間で実施しました。昭和村小野川集落のおかあさんたちグループによる凍みモチという特産品づくりによる地域づくりを体験することが目的でした。

昭和村でのフィールドワーク。村人たちとの協働作業をするため作業着に着替えたところ。

    最後の夜、副町長さんはじめ、村役場、NPO法人苧麻倶楽部、「おり姫」、そして地域の方々30名の方々との交流会をもちました。その中で、参加学生が学んだ成果の発表会も実施しました。

clip_image002

昭和村でのフィールドワーク。村と集落の方々との交流会の席上で、参加した学生が調査成果の報告を行っているところ。

   発表では、今後の小野川集落における地域づくりの方向の提案も行い、参加した方々の意見交換も行われました。現在それらの成果のまとめの作業を行っているところです。

<文章と写真 社会領域・内田司先生&木戸功先生>

社会調査室で、今度、「学生の新たな学びの形を探究する勉強会」を開催していきます

 現在、大学教育において学生が主体的、能動的に学ぶ教育の必要性が社会から強く求められるようになっています。人文学部人間科学科の社会調査室でもそうした社会の要請に応えるための勉強会を計画しています。具体的には、地域社会の中で、実際に地域の方々に受け入れてまらい、交流することを通して学ぶという教育方法の開発を目指せればと願っています。勉強会を通して具体的な学びの形を描き出したいと思います。

(社会領域)

内田ゼミ:合宿で竹富島に行ってきました

昨年12月15日から18日までゼミ合宿のため沖縄県の竹富島に行ってきました。目的は、都会から竹富島に移住し頑張っている人たちに出会い交流することと、沖縄特有の交流文化「ゆんたく」を体験することです。

PC161542

費用節約のため格安航空での強行軍の旅でした。また、あいにく竹富島で最も寒くなった日にぶつかってしまいました。その中でも、移住した方々や島の人たちと「ゆんたく」で交流することができました。

PC171595

PC171612

沖縄のスローライフを肌で感じることができた合宿、みんな十分楽しめたのではないかと思います。

<記事と写真 社会領域 内田司先生>

ゼミでの活動を紹介します~内田ゼミ~

内田ゼミでは、2014年度は、福島県昭和村と天売島で地域の方々との交流会をもちました。

昭和村では、8月7~10日の3泊4日で、村の伝統産業であるからむし織を都会から移住して学んでいる「おり姫」と呼ばれている女性たちと交流してきました。地域の方々とも交流しました。

030 050

天売島では、10月24~26日までの2泊3日で、島の小さな定時制高校の高校生たちと「天売学」の学びを通した交流を行ってきました。天売島の観光による地域づくりプロジェクトでは、提案発表も行ってきました。

070 

120

いずれの交流も学生たちには生きた学びの貴重な経験となったようです。                         

<記事と写真:社会領域・内田司先生>

第4回オープンキャンパス(学びライブ)がありました

2014年11月15日(土)の13時より、今年度第4回オープンキャンパスが行われました。今回のオープンキャンパスは「学びライブ」と称し、人間科学科では学科説明のほかにミニ講義を2つと研究室訪問がありました。

ミニ講義(社会領域の木戸先生)

ミニ講義(社会領域の木戸先生)

ミニ講義(文化領域の児島先生)

ミニ講義(文化領域の児島先生)

学科説明では、ふたりの在学生から特別支援学校教育実習の様子や、社会福祉士課程履修生の学生生活などのお話もありました。

在学生から大学生活についてのお話

在学生から大学生活についてのお話

在学生からのお話

在学生からのお話

第5回オープンキャンパスは来年の3月21日(土)に開催予定です。

 

 

社会教育課題研究Ⅱ(学外実習)が行われました。

社会教育課題研究Ⅱ(学外実習)は、社会教育主事任用資格のために必要な科目のひとつで、学外で宿泊しながら行う調査実習です。今年は、栗山町の社会教育と地域づくり(地域振興)について学ぶ目的で、9月15日~19日の5日間にわたって実施されました。参加学生は10人でした。

P9170019

P9170009

P9170013

P9190027

ご協力いただいた関係者の皆様には心より感謝申し上げます。

ちなみに、社会教育主事とは、「社会教育」や「生涯教育」に関する専門的・技術的な助言指導を行う職務を行う人で、都道府県または市町村の教育委員会に必ず置かれることになっています。卒業までに所定の単位を取得すると、任用資格認定書が交付されることになります。このあと公務員試験に合格して採用され、1年以上社会教育主事補を経験すると「社会教育主事」となるものです。人間科学科の学生は、毎年数名にこの任用資格認定書が交付されています。

 

置戸町でフィールドワークを行いました

人間科学科(社会領域)で開講されている「フィールドワーク」は毎年、学生による現地調査を中心にして地域づくりを学びます。今年は、置戸町で取り組まれている「オケクラフト」という取り組みについて学ぶため、10月29日から11月1日の3泊4日で行ってきました。

フィールドワークは、まず置戸町の元副町長から置戸町の社会教育の取り組みや、オケクラフトセンター森林工芸館の館長からオケクラフトの30年にわたる取り組みについてレクチャーを受けました。

社会教育についてのレクチャーを受ける

社会教育についてのレクチャーを受ける

工房でのインタビューでは、オケクラフトの作り手の方に作品を見せてもらいながら話しを伺いました。また、森林工芸館で研修中の方や、独立された作り手の方にもお話を伺うことができました。

 

工房でのインタビュー調査

工房でのインタビュー調査

工房でのインタビュー調査

工房でのインタビュー調査

工房でのインタビュー調査

工房でのインタビュー調査

フィールドワーク3日目の最後に、参加学生がバターナイフづくりに挑戦しました。なかなかうまくいきませんが、みんな一生懸命!

バターナイフづくりのワークショップ

バターナイフづくりのワークショップ

大学から置戸町まではバスで移動しましたが、昼食休憩などをはさんで約5時間半ほど。結構な移動距離でしたが、晩秋の景色でした。置戸町内は徒歩で移動でした。

置戸町内の移動は徒歩(大学からはバス)

置戸町内の移動は徒歩(大学からはバス)

置戸町は山に囲まれた緑豊かところ

置戸町は山に囲まれた緑豊かところ

毎日の食事は自炊でした。この日はカレーとサラダです。食器はもちろんオケクラフトです。

オケクラフトを使っての食事風景

オケクラフトを使っての食事風景

木の食器はあたたかみがあります。

木の食器はあたたかみがあります。

最後の夜はお疲れ様会

最後の夜はお疲れ様会

最終日の午前に、置戸町の中央公民館で現地報告会を行い、それぞれが現地調査から学んだことを報告しました。

最終日の現地報告会

最終日の現地報告会

すべて終えて集合写真

すべて終えて集合写真

フィールドワークを終えた現在、現地調査の成果をまとめています。置戸町の関係者のみなさま、ありがとうございました。

人間科学科で卒業論文発表会が開催されました

2013年2月12日・13日に人間科学科の卒業論文発表会が開催されました。1年近くかけて取り組んだ卒業論文を同級生や下級学生、教員に聞いてもらい、質疑をする機会となりました。発表学生は緊張感でいっぱいでしたが、やり終えた達成感も味わっていました。

写真は社会領域と社会福祉領域の合同発表会の様子です。今年度ははじめてポスター発表の形式で行いました。

image06
image05
SGUホールで、学生ひとりひとりがポスターを前にして観客(同級生や下級学生や教員)に直接話しかけるというやり方です。発表時間を超えて質疑をしている様子もみられたほか、観客が発表者を何重にも囲むようなこともあり、発表学生、下級学生、教員からもこの方法が好評を得ていました。

image09
卒業論文は、これまでの学びの集大成となります。次年度の発表会も楽しみです。

image08
image07

2011年度人文学部合同講演会

2011年度人文学部合同公演会がさる7月8日(金)に開催されました。(財)ひょうご震災記念21世紀研究機構より主任研究員の永田夏来先生を講師としてお招きして、「データでみる日本の若者の恋愛と結婚観」というタイトルで講演をしていただきました。

家族社会学がご専門の永田先生は、関西圏および関東圏でいくつかの大学で講師もつとめられ(なかには受講者300人という講義もあって毎週学生たちをときにうならせ、ときにはげましているとお聞きしています)、ご活躍されている社会学者です。ご研究の守備範囲はとても広く、ご専門の家族や夫婦関係の研究のみならず、現代社会における若者研究のプロジェクトにも参加され、継続して実施されている「青少年の性行動全国調査」などにも関わってこられました。今回の講演では、こうしたご経歴をふまえて、テーマ設定をしていただきました。

約300人の人文学部1年生、関心をもって参加した2年生以上の学生、加えて教職員がSGUホールに集まり耳を傾た講演会でのお話の内容を、かいつまんでふりかえりたいと思います。

前半の結婚および結婚観のお話では、1970年代くらいまでの戦後の日本社会と現代の日本社会を比べると、かつては結婚しやすい社会であったのに対して、いまは結婚しにくい社会となっていることが、「ハイパーガミー」(女子上昇婚)といった観点から明らかにされました。しかしながら、一方で、若者の結婚観には大きな変化はなく、多くの未婚者が「結婚意思」をもっているという現状が示されました。

変化したのはどうやら恋愛や恋愛観の方で、そのことは性行動に関する先の調査結果などからもうかがいしることができました。低年齢化や若年出産など、とかくショッキングな話題としてとりあげられがちな、若者の性行動ですが、永田先生によると、調査結果から浮かび上がる若者像は、決してそのようなふしだらなものではなく、むしろ、恋愛という関係をよりいっそう大切にするという若者のあり方でした。これは学生たちにとってもなかなか新鮮な考察だったのではないかと思います。その一方で、恋愛というものからの疎外が、現代の若者たちにとって大きなプレッシャーともなっている様子が語られました。このことは、恋愛関係に限らず、友人関係を含めた若者の人間関係全般に近年指摘される特徴でもあります。

結婚となるとまだ縁遠いのかもしれませんが、恋愛となるとぐっと身近な問題なのでしょう。受講した学生にとっては、自分たちの現状や意識を相対化する機会にもなったように思います。楽しい講演会をありがとうございました。

北竜町フィールドワーク続報

 本年度のフィールドワークの続報です。10月4日から7日にかけて北竜町において本調査を実施したフィールドワークは、現在、報告書作成のための作業が佳境に入っています。受講生たちは毎週原稿の執筆作業に追われているところです。さて、それとは別に、お知らせしておきたいのは、調査実施後に開催された講演会とシンポジウムについてです。
 さる10月22日に本学会場において、「北海道の地域社会再生と活性化に関するシンポジウム」を開催しました。「『地域社会再生』とは何かについて考える」をテーマとしたこのシンポジウムでは、スコットランド高地・島嶼部開発公社(HIE)のクリス・ヒギンズ先生の基調講演にはじまり、北海道内の地域づくりに関する3つのとりくみが報告されました。ヒギンズ先生のお話は、地理的条件に恵まれないスコットランドの高地および島嶼部という周辺地域における地域再生のあり方が紹介され、そこではまちづくりの担い手をいかに育成していくかということがひとつのポイントであるとの見解が示されました。こうした先進的な実例は、同じように周辺化された北海道の地域づくりにもおそらくあてはまる点が数多くあるのだと思います。


 さて、この基調講演をふまえて、3つの報告からなるシンポジウムとなったわけですが、そのうちのひとつがわたしたちの調査にもとづく北竜町のまちづくりについての報告でした。当日は、北竜町からも関係者の方々が駆けつけてくださり、貴重な意見交換の場となりました。わたしたちの報告は、担当教員の一人である木戸と学生の代表である畠山千広さん(人間科学科3年)が担当し、それ以外の学生さんたちも会場設営や、資料の準備、質疑応答時のマイク係といった役割を分担して、なかなかよいシンポジウムとなったのではないかと思います。


 調査にいってすぐにシンポジウムの準備にとりかかってというタイトなスケジュールでしたが、下調べをして、現地に赴き、アポイントをとりながら聞き取り調査を実施し、その結果をふまえて、発表を行うという社会調査の一連のプロセスを体験的に学ぶことができたのではないかと思います。写真は、シンポジウム終了後の懇親会での記念撮影。あとは報告書の完成目指して、あと一歩がんばってほしいところです。
 
 このシンポジウムの様子は、当日北竜町から参加された「地域おこし協力隊」の寺内さんご夫妻がご自身のブログにおいても紹介してくださいました。よろしければあわせてご覧ください。
http://blog.canpan.info/iku/archive/353