北竜町フィールドワーク続報

 本年度のフィールドワークの続報です。10月4日から7日にかけて北竜町において本調査を実施したフィールドワークは、現在、報告書作成のための作業が佳境に入っています。受講生たちは毎週原稿の執筆作業に追われているところです。さて、それとは別に、お知らせしておきたいのは、調査実施後に開催された講演会とシンポジウムについてです。
 さる10月22日に本学会場において、「北海道の地域社会再生と活性化に関するシンポジウム」を開催しました。「『地域社会再生』とは何かについて考える」をテーマとしたこのシンポジウムでは、スコットランド高地・島嶼部開発公社(HIE)のクリス・ヒギンズ先生の基調講演にはじまり、北海道内の地域づくりに関する3つのとりくみが報告されました。ヒギンズ先生のお話は、地理的条件に恵まれないスコットランドの高地および島嶼部という周辺地域における地域再生のあり方が紹介され、そこではまちづくりの担い手をいかに育成していくかということがひとつのポイントであるとの見解が示されました。こうした先進的な実例は、同じように周辺化された北海道の地域づくりにもおそらくあてはまる点が数多くあるのだと思います。


 さて、この基調講演をふまえて、3つの報告からなるシンポジウムとなったわけですが、そのうちのひとつがわたしたちの調査にもとづく北竜町のまちづくりについての報告でした。当日は、北竜町からも関係者の方々が駆けつけてくださり、貴重な意見交換の場となりました。わたしたちの報告は、担当教員の一人である木戸と学生の代表である畠山千広さん(人間科学科3年)が担当し、それ以外の学生さんたちも会場設営や、資料の準備、質疑応答時のマイク係といった役割を分担して、なかなかよいシンポジウムとなったのではないかと思います。


 調査にいってすぐにシンポジウムの準備にとりかかってというタイトなスケジュールでしたが、下調べをして、現地に赴き、アポイントをとりながら聞き取り調査を実施し、その結果をふまえて、発表を行うという社会調査の一連のプロセスを体験的に学ぶことができたのではないかと思います。写真は、シンポジウム終了後の懇親会での記念撮影。あとは報告書の完成目指して、あと一歩がんばってほしいところです。
 
 このシンポジウムの様子は、当日北竜町から参加された「地域おこし協力隊」の寺内さんご夫妻がご自身のブログにおいても紹介してくださいました。よろしければあわせてご覧ください。
http://blog.canpan.info/iku/archive/353

2010年度は北竜町でフィールドワーク

受講生が「社会調査法」の授業で学んだ知識や方法をもとに、実際にそれを使って「社会調査」を実施する「フィールドワーク」の授業の様子を報告します。30年余にわたって実施されてきたこの授業では、これまで主として北海道内の地域社会を対象として、とりわけそれぞれの地域におけるまちづくりのとりくみについて調べてきました。一昨年までの室蘭市、昨年の夕張市につづいて本年度は空知の北竜町を対象地として選びました。

北竜町は稲作を中心とした農業のまちですが、なによりもこのまちを有名にしたのは、作付け面積日本一といわれるひまわりの花による夏のイベント「ひまわり祭り」です。20年ほど前から始まったこのひまわり祭りは、はじめの頃こそ知る人ぞ知るといったものだったようですが、現在では7月から8月にかけての開催期間中に20万人が訪れ、にぎわいをみせるほどになったとのことです。人口の流出が進み、地域の活気が失われていくなか、まちのシンボルともなったひまわりを観光のための資源として、まちづくりのとりくみが進められてきたわけです。

前期の授業を通じて18名の受講生たちは、北竜町の歴史、人口動態、産業構造などについて、文献や統計資料等にもとづいて調べ、この地域の現状と、そこに暮らす人々が抱えている諸問題をまずは理解することを試みてきました。後期が始まるとすぐに現地へ出向き、3泊4日でフィールドワーク(現地調査)を実施します。そこでは「ひまわり祭り」に関わりをもつ農協、行政、商工会、ボランティア等といったまちの諸組織の人々を調査対象として、インタビュー調査が実施される予定です。受講生たちはそれらの人々に何を質問し、どんな話を引き出すのかを考え、現地調査の準備にとりかかっています。

そのようななか先日(21日)、予備調査をかねて今年の「ひまわり祭り」を見学にいってきました。大学からバスで2時間弱の距離ですが、空が低く、札幌近郊とは明らかに異なる景色が広がります。今年は天候の関係でひまわりの開花が遅れ、すべて満開というわけにはいきませんでしたが、広がる水田の向こうの丘が黄色く浮き上がったようにもみえる「ひまわりの里」はそれぞれにとってインパクトのある光景だったようです。平日にも関わらず、外国人も含めてまずまずの観光客の集まり具合で、今年の「ひまわり祭り」のもりあがりは期待できそうです。

現地での本調査は、ひまわりの季節も終わり、おそらくはすっかり秋めいているであろう10月に実施されます。調査の結果は、毎年『報告書』としてまとめられますが、今年はそれに加えて、10月22日(金)に予定されている学内でのシンポジウムでも発表することになっています。体験的な調査を通じて、大学生ならではの視点から、まちづくりのとりくみとこのまちが抱える課題について明らかにし、地域社会のこれからのあり方についてのヒントを探し出してもらいたいと願っています。

夕張市でフィールドワーク

人間科学科では、実験・実習科目を重視してきました。「フィールドワーク(社会調査Ⅱ)」は人びとが働き、学び、生活するナマの現場に出かけて、その現実に向き合う体験的学習という特徴をもった科目です。
2009年度は2006年に財政破綻が表面化した北海道夕張市に行ってきました。参加学生は人間科学科2~3年次生の23人、担当教員は内田・湯本の2人です。
夕張市は大学から車で約90分と近いので、2回にわけて行ってきました。
1回目は10月19日(月)で、夕張市商工会議所の小網敏男専務理事による「夕張市の概況と産業振興の課題―夕張から見る、地域づくり、人づくり―」と題する講演を聞きました。小網氏は夕張市のお生まれで本学OBでもあります。質疑応答の後、「ユーパロの湯」の食堂で名物の「カレーそば」などを食べて、紅葉に燃える夕張を後にしました。
2回目は11月16日(月)から3泊4日の現地入りで、こちらがメインです。産業構造と産業振興を担当する「産業班」、財政再建下の生活問題を担当する「生活班」、地域社会の再生の方向性を探る「再生班」の3つのグループに分かれて、降り積もる雪のなかで市役所や商工会議所をはじめとする関係機関・団体・個人にインタビュー調査を実施しました。インタビュー調査の企画やアポ取りなどの調査企画の一切を学生が自主的に行なったこと、これが今年度のフィールドワークの重要な成果です。現地でのインタビュー調査を踏まえて、報告書を書き上げることが残された課題となります。第1次原稿はすでに2月中旬に提出されました。
わたし自身は、夕張市でのフィールドワークは2回目になります。前回の2002年度の経験と比較してみると、際立った変化がありました。それは「行政主導のマチづくりと行政依存の市民生活」に対する反省の言葉があちこちで聞かれたことです。
財政破綻後も「国が何とかしてくれる」という市民の発言が報道されました。現在、年間約500件の救急車出動件数は財政破綻前には約9000件もありました。市営住宅家賃の累積滞納額は4億2500万円にも達しています。いずれも依存体質の端的な表れとみるべきではないでしょうか。
夕張市の再生にとって、長年にわたって培われ染みついた依存体質からの脱却が重要課題の1つとなることは間違いないと思います。中央政府と地方政府(北海道)からの支援はもちろん必要でしょう。しかし、それを実効あるものにするのは自律・自立した市民の存在です。
2009年、「夕張メロンと夕張川の水を守るネットワーク」という市民団体が立ち上がりました。産業廃棄物埋立地建設計画を知った人びとは、これに反対して行政を動かし、メロン農家や流域の一般市民を巻き込んだ社会運動を展開しています。こうした社会運動の持続的発展が夕張市の再生のカギを握ることは間違いないでしょう。【2010年2月23日】

(湯本 誠)

木戸功ゼミがゼミ合宿を実施しました

社会領域の木戸ゼミでは卒業論文の中間報告会のために合宿を開催しました.9月2日から2泊3日で洞爺湖までいってきました.天気もよく,湖,島,羊蹄山もきれいです.札幌からバスで2時間半と思いのほか近いのですね.11人のゼミ生のうち病欠の2名をのぞいた9人が,夏休み中にとりくんだおのおのの成果を報告しあいました.ちなみに,それぞれのテーマはなかなかバラエティ豊かで,ユニセックス,女性専用車両,喫煙とアイデンティティ,女性と音楽,里親家族,家族と暴力,異性装,女性の生き方,男性のファッション,家族と食,ケアと自立等々(順不同).ジェンダーと家族をテーマとして学んできたことをふまえて,おのおのが試行錯誤を繰り返しつつ練り上げてきたテーマたちです.
ところで「ゼミ合宿」というと,どのようなものを思い浮かべますでしょうか?
kido-seminar-camp木戸ゼミでは延々と作業経過の報告会がつづきます.写真は現地についてから湖畔を散策した際に撮ったものですが,この後,夕食を済ませてから1日目のゼミで2名が,そして2日目のゼミ午前の部では3名,午後の部では4名がそれぞれ1時間ほどの時間を使って,作業経過を報告し,今後の進め方について相談しました.学生たちも教員も2日目の夕方にはくたくたに疲れ果てていましたが,その後は夕食もかねてコンパとあいなりました.どこにそんな元気が残っていたのか?と思うほどにもりあがりました.それから,この時期,洞爺湖は毎晩花火があがるのですね.
さて,夏休みも残り少なくなりつつあります.気の早い話しで恐縮ですが,卒業論文提出まであと約3ヶ月.ねばりづよくとりくんでいってもらいたいと思います.

酒井恵真先生の退職を記念する研究会と懇親会

2月28日の土曜日に、人文学部の社会調査室主催の「酒井恵真先生の退職を記念する研究会と懇親会」が開催され、現在旭川在住の酒井ゼミ出身の卒業生やすでに退職されている人間科学科の元教員の方々が駆けつけてくれたのをはじめ、主として本学の教員を中心に、20名を超える参加者がありました。
09022868 研究会では、酒井恵真先生が、「北海道の地域社会変動をどうとらえるか—人文学部社会調査室30年の歩み—」というテーマで講演し、その後質疑応答が行われました。本学人文学部の社会調査室は、今年度で30周年の節目を迎えることになるのですが、酒井先生はそうした社会調査室の一員として、その間一貫して、社会調査実習や調査研究に情熱を傾けて来られてきました。講演の中では、そうした社会調査室主催の実習の歴史やエピソード、調査研究の諸成果、そして北海道社会の歴史的変動研究の方法について話がありました。質疑応答では、その中で、とくに北海道社会の特質やその変動を研究する方法について活発な質疑応答のやり取りが行われました。
研究会終了後、G館5階のレストラン文泉を会場として懇親会が行われました。やはり社会調査室の一員であり酒井先生と共にその社会調査室30年の歩みを主導されてこられた、本学学長である布施晶子先生の方から酒井先生の紹介と乾杯の音頭を皮切りに、終始なごやかに会が開催されました。会の中では、地域社会研究で交流のある他大学の教員・院生の方をはじめ、本学のさまざまな学部、立場の方々から酒井先生との交流のエピソードが紹介され、あらためて酒井先生が社会調査室を土台とする本学での教育・研究・運営に大きな功績を残されてきたことを感じることができたと思います。
img_0367 その酒井先生が、今年度を限りに退職することになりますが、退職後も、本学人文学部の社会調査室の研究・教育に、何らかの形でかかわっていただきたいという思いを強く感じる会となったのではないでしょうか。

社会調査II(フィールドワーク)より

名称を変えながらも学部創設以来開講されてきた本科目も今年で30回目となります。これまで道内外のさまざまな地域を対象として、実際に現地に出向いて社会調査を実施してきました。本年度は昨年に引き続いて、室蘭市を対象とした現地調査を11月に実施します。人口減少と高齢化がすすむ室蘭市のA地区では、地域の活性化のためのとりくみが進んでいます。その一方でこの地域に暮らしてきた人々は、こうした町の変化をどのように受けとめているのでしょうか。
30名の受講生は現在、来月の調査に向けた準備作業に追われています。写真は昨年調査時のものです。勾配のけっこう急な坂の上から対象地区を臨んでいるのですが、その先に鉄工所の煙突が見えます。

湯本誠:教員紹介

・研究領域:働く人のキャリア、地域社会の産業振興
ひょんなことから、自動車産業と労働者に関する実態調査にかかわり、現在に至っています。現在は、インタビュー調査にもとづいて長期勤続者の企業内キャリアの特徴について取りまとめています。また、沖縄県の泡盛づくり(あわもり、焼酎の一種)、日本最南端の沖縄県・波照間島(はてるまとう)での黒糖(黒砂糖)づくり、岩手県の酒づくりなども手がけました。北海道の酒づくりとともに、これから本格的に取り組んでみたいテーマです。
・担当する専門講義科目:社会的人間論、産業社会学
人間科学科で担当している講義科目は「社会的人間論」および「産業社会学」です。導入的な科目である「社会的人間論」では、人間に関する社会学の考え方、家族集団や職場集団の役割、研究方法、社会的逸脱(「非行」「犯罪」「自殺」など)などについて学びます。「産業社会学」では、「働きすぎ」という問題について考えます。若年失業者(フリーターやニート)や働く貧困層(ワーキング・プア)の大群がいる一方で、「働きすぎ」で過労死や過労自殺に追い込まれる人びとが後を絶ちません。その原因は何か、「人間尊重の精神」からみた望ましい働き方とは何か? という問題について考えていきます。
・ゼミテーマ:フィールドから学ぶ
伝統的な文献研究ではなく、学生自身が「フリーター」「少子高齢化」「地域活性化」などの関心のあるテーマを設定して、教室外のフィールド(現場)から学ぶことをメインにしています。フィールドでは、さまざまな人との出会いがあり、新たな発見があります。これをレポートにまとめ、最終的には卒業論文に仕上げていきます。就職活動での自己アピールでは、絶大な効果あり。
・著書紹介
『キャリアの社会学』(共著、2007年、ミネルヴァ書房)、『地域産業の構造的矛盾と再生』(共著、2007年、アーバンプロ出版センター)など

酒井恵真:教員紹介

研究テーマ
大学の教員生活は40年、札幌学院大学には人文学部の開設のときに赴任しましたが、在職30年となりました。私の専門分野は社会学ですが、主として地域社会学を中心に、社会調査を方法とする実証研究を行っています。
私の基本的な研究テーマは「現代日本社会の構造変動と日本人」ですが、現在は「グローバリズムの進展と地域社会の変化」に焦点を当てて、研究仲間と一緒に国際化の影響を直接受けている地域社会の変動を調査研究しています。主に日本における日系ブラジル人の集住地域が対象ですが、ブラジル本国での調査も行っています。
大勢の外国人が日本に住み、定住することでどんな問題が発生するか、地域社会はいかに変化するか、日本人と外国人との共生は可能かなどを問題にしています。すでに日本は毎年600万人の外国人が訪れ、200万人を越える外国人が住んでおり、今後ますます増加することが予想されます。日本社会に大きな変化をもたらすこの問題を明らかにすることは、21世紀の日本社会のあり方を考える意味で、大きな意味があります。さらに、この調査研究は、世界的に拡大している国際間の人口(労働力)移動における諸研究とも関係する、国際的テーマでもあります。その他に、日本社会の中でも独自の地域的特性を持つ、沖縄や北海 道を対象とする調査研究も手がけています。特に道産子の私にとっては、沖縄は極めて魅力的な地域であり、惹きつけてやまない研究対象です。
その研究成果の一端は、共編著『日系ブラジル人の定住化と地域社会』(御茶の水書房、2001年)、共著『生活の公共性化と地域社会再生』(アーバンプロ出版センター、2002年)、共編著『地域産業の構造的矛盾と再生』(アーバンプロ出版センター、2007年)などを参照してください。
フィールドワークを中心とする調査研究は、多大な時間と費用を要する仕事ですが、現地の人々に直接接して教えられつつ、新たな問題発見を重ねる旅をこれからもまだまだ続けたいと念願しています。

担当講義の紹介

現在は、大学の仕事の関係で社会調査(法)、現代社会論、社会学特殊講義A、卒業論文の四科目しか担当していません。その他には、地域社会学、地域福祉論、フィールドワーク、専門ゼミなども担当していました。現在、担当の講義内容の一端を紹介します。「現代社会論」では、私たちの身近に起きている新しい社会現象を取り上げて、21世紀の社会ではどんな問題が生まれているのか、これから日本は、世界はどのように変化するのか、現在と近未来を視野に置いて諸問題の所在とその意味を考えてみます。「社会調査(法)Ⅰ」では、人間・社会を研究する方法についての、技法・手続きを取り上げています。大学は学生が研究(学問)する場所です。学問には一定の手続きや技術が必要です。調査法はその技法の原理的応用的理解を得るための講義ですが、その後の「フィールドワーク(社会調査)」では、現場に出て直接応用する実習を行います。
「社会学特殊講義A」は、社会学が取り扱う問題の中でも、特定の社会問題に焦点を絞って問題を深く掘り下げる講義です。今年のテーマは「日本社会と外国人 問題−多文化共生社会の可能性」です。これは私が研究していることの一端を素材にして、日本における多民族・多文化の問題とその共存の可能性を考える講義です。21世紀では日本もグローバリゼーションの影響を避けられない中で、日本社会や日本人はこれにどう対応していくべきか、日本にとって不可避な問題です。

個人的プロフィル
札幌生まれで、札幌育ちです。父は石川県出身で500年続いたお寺の次男坊で、昭和の初めに北海道に渡ってきました。私はその二世で道産子です。今は、九州にいる二人の孫に会うことが楽しみな年になりましたが、本学での30年間に250人を超えるゼミ生や、600人を超える調査実習(フィールドワーク)を履修した学生達などと、張り切って勉強したことが懐かしく思い出されます。時々卒業生と会って昔話をして、盛り上がっています。

外国語ができないくせに、外国人との付き合いが多いのも変なものです。現在は、日本ネパール友好協会、日本ブータン協会、北海道フィンランド協会、北海道日・伯(ブラジル)協会などの会員で、各国の留学生や在日外国人とお付き合いをしています。

私の専門ゼミは別名「美味しんぼクラブ」の異名があり、食にこだわるゼミです。毎回のゼミには、各地の美味が持ち込まれ、そこで生まれて初めての味を知ったゼミ生も少なくありません。また、「先生の手料理」が卒業後に出てくる話題の中心?というくらいです。
今年は専門ゼミの担当が無く、学生と楽しみを分かち合う機会がないのが残念です。

(酒井恵真教授は2009年3月に定年退職しました。)

木戸功:教員紹介

社会学の立場から家族をめぐるさまざまな問題について研究しています.誰でも知っていることで恐縮ですが,家族というと普通は一緒に住んでいて,結婚していたり血がつながっていたりする人々のことをさします.たいていの人は大人になるまでは,子どもとして親やきょうだいなどとともに家族生活を営んでいますが,大人になって誰かと結婚などして独立し,さらに子どもが生まれたりして新たに家族をつくったりします.すると,その新しくできた家族がその人の家族であるということは,もちろんその通りだと思うのだけれど,では,その人が大人になるまで一緒に生活してきた親とかきょうだいとかっていうのはもう家族じゃなくなるのか?っていうと,必ずしもそうではないですよね.たぶん.
しかしだとすると,それはその人だけの問題じゃなくて,同じことがその人の結婚相手にとってもいえるはずです(もちろんこのことは親にだっていえるはずですよ).となると,その人の家族と,その相手の家族とは,実は同じではないということになりますよね.私とあなたは家族だけれど,私の家族とあなたの家族は同じではないということになる.いや,でも「お宅のご家族は?」などと尋ねられたりすると,もともとの家族であるところの親やきょうだいがいる場合であってもたいていは「妻と子どもです」とか「夫と娘です」とか,さらっと応えられたりするわけで,そういう場合に「私たちは家族だけれど,私の家族とこの人の家族とは違うんです…」などと応えたりしたら,いよいよわけが分からなくなるだろうし,そんなややこしいことをいいだす人は残念ながら(というか幸いにして)たぶんいません.
家族というのは常に誰かと誰かによって(つまり複数の人間によって)構成されているのだけれども,よくよく考えてみると,誰が家族なのかということさえも応えることがやっかいな問題だったりします.このようによくよく考えるとかなりややこしいものであるにもかかわらず,その一方で私たちはそれなりにすんなりと家族生活を営んでいたりします.なんでそんなことができてしまっているんだろう?というのが私の率直かつ素朴な問いです.こうした問いは,家族がそれを構成する人々のどのようなやりとりをとおして形成され日々営まれているのかという問いへと展開していきます.さらに,そこに家族以外の人間が何らかの関わりをもつ場合はどうなるんだろうという問いへとも繋がっていきます.こうした関心から私は,家族とよばれる人々の日々の営みや,家族外の人間(とくに福祉専門家)と家族との関係について調査をしながら探っています.
人間科学科では,家族社会学,ジェンダーの社会学,フィールドワークなどの授業を担当しています.ややこしい問題を単純化してわかった気になるのではなく,そのややこしさ自体をその問題がもっている特徴としてじっくりと丹念に考えていくこと.大学での学びの基本はそこにあると思います.音楽と映画,サッカーと水泳を心から愛する私の「今の」家族は,妻と娘と猫2匹です.

内田司:教員紹介

茨城県石岡市で生まれ育ち、宮城県仙台市で学生時代を過ごし、1989年4月以降この札幌学院大学で社会学を教えています。
私の研究テーマは、感情コミュニケーション論を土台として現代日本の社会生活を分析することと、北海道、東北、そして沖縄のそれぞれの社会を比較研究することの二つです。前者のテーマについて言えば、社会学の研究対象である私たちの人間関係の重要な土台は、共に生きる人たちの間で、私たちの喜怒哀楽の諸感情を分かち合い、共有化する「共感」という感情交流なのですが、現在の日本社会ではそうした感情交流が急激に希薄化するということが起こっています。その社会的要因は何か、そしてそうした傾向は私たちの人間関係や精神生活にどのような影響を与えるのかなどについて検討するのが主要な課題です。後者のテーマに関して言えば、現在の日本社会の中で進んでいるさまざまな社会生活の側面での格差拡大の重要な一つとして地域間格差の解消という問題に取り組んでいます。私たちが研究対象としている北海道、東北、そして沖縄は厳しい状況にある地域社会ですが、それらの社会的要因を分析し、再生の道を探ることを主要な研究課題としています。
私の受け持っている講義は、人間科学科の専門科目としては、「生活構造論」という科目があります。この講義では、感情コミュニケーション論を基礎とした社会生活分析の研究成果を基礎に、私たちが生活している現在の日本社会における人間関係や精神生活の諸問題について論じています。また、北海道、東北、そして沖縄の地域社会研究を基礎とした講義として、人間科学科の専門科目ではなく全学共通科目の「北海道社会論」という科目を持っています。
人間科学科の専門ゼミでは、感情コミュニケーション論とそれを基礎とした社会生活分析をテーマにしています。ちなみに、2007年度のゼミでは、進化心理学の「(人間)感情学」と現代社会に特有のパーソナリティと思われる「神経症的パーソナリティ」について学ぶ予定になっております。添附した写真は、それを一緒に学ぶことになっているゼミ生です。私のゼミでは、その進め方はなるべく参加しているゼミ生たちで話し合って自由に決めてもらうといことをしています。それで今年度はどのようになるかフタを開けるまでわからないので、毎年ゼミの開始をワクワク・ドキドキしながら迎えます。
最後に個人的なことになりますが、私の趣味は、つりとジョギングとお酒を飲むことです。とくにお酒は日本酒をこよなく愛しています。