研究活性化事業で講演会を開催しました

2016年10月1日(土)に、韓国釜山市にある東西大学 社会福祉学部 副教授のユン・ソンホ先生をお招きして、「韓国東西大学における実践力のあるソーシャルワーカー養成戦略と成果」と題した講演会を開催しました。

%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e6%a1%88%e5%86%85「会場案内」

当日は札幌市内で開催される全国規模の研修会や学内の行事などと重なり参加者は少なかったですが、通訳(イ・ソンハン氏:日本福祉大学大学院生)を含めた2時間の講演と、約1時間の意見交換をたっぷり行うことができました。

%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%9b%e5%85%88%e7%94%9f「ユンソンホ先生」

今回の講演会は、いまだ「ソーシャルワーカーの顔が見えない」と指摘される日本のソーシャルワークとソーシャルワーカー養成教育に示唆を与えることができると考え、学内の研究活動活性化事業を活用して実施したものです。韓国釜山市にある東西大学では、独自に「社会福祉学部産学協議体」を設置し、地域の社会福祉館や福祉施設など約120ヶ所の機関(2015年12月現在)と大学が協同して実践力の高いソーシャルワーカー養成を目指していました。例えば、職員教育や実習生及び専門的な人材の供給などの大学による現場支援、そして講義や実践的な教育プログラムの開発など現場による大学支援が行われているとの説明でした。また社会福祉学部では、国で規定される120時間の実習の前に別途ボランティアをおこなうこと、実習生自身のプロファイルの作成及びプレゼンテーション、そして実習機関及び地域分析を課しているとの事でした。

%e6%84%8f%e8%a6%8b%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e4%bc%9a「意見交換」

少子高齢社会であり人口減少社会である日本において、複雑化・多様化する福祉ニーズに対応できる福祉人材の養成・確保は喫緊の課題です。東西大学の取り組みはこれからの札幌学院大学におけるソーシャルワーカー養成にも大きなヒントを与えてくれました。今後も積極的に教育・研究交流を進めていきたいと考えています。

(文責:中田雅美)

公開講座「人間論特殊講義」を開催しました

 8月22日から26日までの5日間、台風が相次いで上陸し不順な天候の続くなかでしたが、人文学部公開講座「人間論特殊講義」を開催しました。

1日目「イントロダクション」

1日目「イントロダクション」(講師:奥田)

 今年度の総合テーマは「人文力~資源としての人文知、闘争としての人文知」です。文学、歴史、文化などのいわゆる人文的な知は、けっして「役に立たない」ものではなく、人間にとっての大切な財産であり資源です。そうした人文知の持つ価値とはどのようなものか、人文知をめぐって権力、学問、一般民衆がどのように戦ってきたか、その戦いは現代社会のなかで今後どのように展開するのかを、人間科学科だけではなく本学のさまざまな学部学科を横断するかたちで教授陣が協力しながら論じることが、本講座のねらいです。

3日目「情報を持てるもの持たざるもの」

3日目「情報を持てるもの持たざるもの」(講師:石川千温先生)

 各回の講義では繰り返し「本物の力」「地域」「多様性」「倫理」「アイデンティティー」あるいは「権力」「少数者」「差別」「壁」などの概念が取り上げられ、これらをキーワードにして、それぞれの講義が互いに密接に結びついていました。講義後のアンケートをみても「自分も積極性を持って大学生活を送らなければならないと感じた」、「文学が人文知の『主戦場』であるという意味が理解できた」など、おおむね好評のうちに当初のねらいは受け止められたようです。

最終日「国際交流:壁とその向こう」

最終日「国際交流:壁とその向こう」(講師:ダン・ヒンクルマン先生、白石英才先生)

 さまざまな角度から「人文知」について考える機会を得ることにより、講義する側の私たちも多くを得ることができました。お天気に恵まれないなか参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

(コーディネーター 奥田)

心理・教育領域の卒業論文中間報告会が行われました

7月22日(土)、B201教室で、心理・教育領域の4年生27名による、卒業論文の中間報告会が、ポスターセッションによって行われました。この中間報告会では、4年生はそれぞれに前期の研究活動をまとめ、教員や他学生たちの前で発表します。様々な意見を得て、後期に向けての課題を見いだすことで、より充実した卒業論文を執筆することを目的に行われています。

shinri160701

開始前。二通先生から趣旨説明がありました。

発表中①。発表者も聞き手も真剣そのもの。

発表中①。発表者も聞き手も真剣そのもの。

発表中② 各自、自由に興味のある発表を回ります。

発表中② 各自、自由に興味のある発表を回ります。

最後に、教員から一言ずつ、講評がありました。
講評中。

講評中。

後輩学生の皆さんも参加してくれて、充実した会になりました。4年生の皆さん、今回の指摘を大事にして、12月の提出目指して頑張ってくださいね!

人文学部1年生体育大会が開かれました

6月18日(土)、人文学部1年生体育大会が開かれました。
人間科学科の戦績は…
バレーボール、4組と2組がそれぞれ入賞!
バスケットボール、3組が入賞!
そして3組と2組が総合でも入賞しました!
みんな頑張りましたね!

trophies

総合2位(3組)と3位(2組)。トロフィーがまぶしい!

大きなケガもなく楽しめて良かったです。
そして、これでまたクラスの絆も深まったことでしょう。

最後に2016年春・クラTコレクションをどうぞ。

class4

バックプリントがCute!

class3

クラTも笑顔もキラッキラ。

class2

Pop&Cool!

(記事と写真 舛田)

ご入学おめでとうございます

4月1日に2016年度入学式が挙行されました。他学科と合同でのSGUホールでのセレモニー(学長式辞、新入生挨拶、記念演奏)のあと、学科ごとに教室に移動して、学科長の挨拶、教員の紹介、教育支援課ガイダンスなどを行いました。IMG_1120そして最後に、クラスごとに担任教員から学生証が手渡されました。IMG_1125皆さんご入学おめでとうございます。これから4年間皆さんとともに学ぶことができるのを、人間科学科の教員一同心から楽しみにしています。

企画展示「開け!おもちゃ箱」の開催

私たち学芸員課程の学生は博物館実習の一環として、実習生でアイデアを持ち寄って企画し、実際に企画展を開催します。展示開催にあたり、資料の借用などで多くの方に御協力をいただいたおかげで、11月17日に無事に企画展を開催することができました。

図2:展示制作メンバー

展示制作メンバー

今回の企画展は、おもちゃをテーマにした「開け!おもちゃ箱」です。来館者の皆様に「おもちゃとは何か」について考え、子供だった当時を思い出しなつかしんでいただくことが本企画展の目的です。私たち実習生にとって身近である祖父母(昭和初期)と父母(昭和中期から後期)、私たち(平成)の時代に遊ばれたおもちゃについて展示しています。それらに加えて、日本の郷土玩具や実習生の思い出のおもちゃについても取り上げ展示しました。

図3:展示解説中

展示解説中

図4:昭和初期のおもちゃの展示

昭和初期のおもちゃの展示

図5:現代のおもちゃの展示

現代のおもちゃの展示

図6:郷土玩具の展示

郷土玩具の展示

   北海道新聞やまんまる新聞、大学の周りのお店の方々の皆様の宣伝のおかげで、多くの方々にご来館いただきました。ご来館いただいた皆様ならびに、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

                 <記事と写真 文化領域 大塚先生>

 

第37回人文学部体育大会が開催されました

6月13日(土)、第37回人文学部体育大会が開催されました。これは、人文学部の1年生が全員参加して、クラスマッチ形式で勝敗を競うスポーツ大会です。札幌学院大学の第2キャンパスの総合体育館を会場に、フットサル、ドッジボール、玉入れの熱戦が繰り広げられました。ちなみに第2キャンパスについて詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ(http://www.sgu.ac.jp/information/j09tjo000000ow52.html)。

開会式。クラスTシャツを着ているクラス有り、はっぴのクラス有り。

開会式。クラスTシャツを着ているクラス有り、はっぴのクラス有り。

ドッジボール試合中。

ドッジボール試合中。

玉入れ試合中。

玉入れ試合中。

さて、人間科学科の成績は・・・

フットサル1位 5組  同2位 3組

ドッジボール1位 5組

審査員特別賞(応援・コスチュームなどの評価) 2組

総合優勝 5組 

という結果になりました。

総合優勝の記念写真。みんな良い笑顔ですね!

総合優勝の記念写真。みんな良い笑顔ですね!

 大きなケガもなく、楽しく元気に過ごすことのできた1日でした。これを機に、クラスの結束がますます強まり、協力して大学生活を送れるようになることを期待しています。

第22回人文学部合同講演会が開催されました

去る6月5日(金)に第22回人文学部合同講演会が開催されました。

今年のテーマは、「デートDVってなに?〜「対等・尊重」ある関係を築くために」です。NPOピーチハウスからファシリテータの志堅原郁子さんと浦山恵理子さんをお招きして、参加型の講座形式でお話いただきました。

 

岡崎学部長のご挨拶。人文学部の理念についてお聞きしました。

岡崎学部長のご挨拶。人文学部の理念についてお聞きしました。

当日は人文学部の1年生全員と上級生の希望者が参加しました。クイズで知識を確認したり、ロールプレイをとおして自分の固定観念に気づかされたり、まさに“unlearn(学び落とし)”の連続で、あっという間に時間が過ぎていきました。

 

ロールプレイ中。自らのジェンダー・バイアス(男らしさ・女らしさへのとらわれ)に気づいた瞬間でした。

ロールプレイ中。自らのジェンダー・バイアス(男らしさ・女らしさへのとらわれ)に気づいた瞬間でした。

講座終了後に寄せられたアンケートには、「デートDVという言葉は以前から知っていたが、自分のこととして改めて考える機会になった」「自分の中にある男らしさ・女らしさの“常識”を見直すことができた」「互いを尊重するということの意味を考えさせられた」「友だちがDVを受けていた場合にどのように声をかけてあげたらよいか勉強になった」など、ホットな感想が多々書かれていました。

 

学生同士の話し合いも交えて講演会が進められました。

学生同士の話し合いも交えて講演会が進められました。

誰もが暴力を振るうことも振るわれることもなく、大切な人との間に、互いを尊重する対等で幸せな関係を築いていってもらいたいと思います。

 

NPOピーチハウスの志堅原さん、浦山さん、貴重な講座をご準備いただきありがとうございました!

         <記事・藤野友紀先生>

 

人間科学科の学位記授与式が開催されました

2015年3月19日(本日)の11時より人文学部の学位記授与式がSGUホールで開催され、その後、D202教室で人間科学科の学位記授与が個別に行われました。

DSC01919

人間科学科の卒業生は95名でした。ゼミごとに教員から学位記が手渡され、握手あり、笑顔あり、抱擁ありの和やかなムードでした。

DSC01927

DSC01942

DSC01936

DSC01938

DSC01974

DSC01963

DSC01932

DSC01949

DSC01920

卒業生の皆さん、さまざまな場でご活躍ください。

 

第4回オープンキャンパス(学びライブ)がありました

2014年11月15日(土)の13時より、今年度第4回オープンキャンパスが行われました。今回のオープンキャンパスは「学びライブ」と称し、人間科学科では学科説明のほかにミニ講義を2つと研究室訪問がありました。

ミニ講義(社会領域の木戸先生)

ミニ講義(社会領域の木戸先生)

ミニ講義(文化領域の児島先生)

ミニ講義(文化領域の児島先生)

学科説明では、ふたりの在学生から特別支援学校教育実習の様子や、社会福祉士課程履修生の学生生活などのお話もありました。

在学生から大学生活についてのお話

在学生から大学生活についてのお話

在学生からのお話

在学生からのお話

第5回オープンキャンパスは来年の3月21日(土)に開催予定です。