6月21日にオープンキャンパスがありました[人間科学科]

今年度、初回のオープンキャンパスがあり、人間科学科では学科説明のほか、ミニ講義「死を看取る支援:緩和ケア」、在学生による「本音トーク」などが行われました。

学科説明

学科説明

ミニ講義では、5つある領域のなかの福祉領域の教員から、死を看取る支援(緩和ケア)を行う社会福祉士の活動の紹介や、死が近くに迫った人に対して私たちがどのように向き合うことができるだろうか?について考えました。緩和ケアというと、緩和医療やホスピスという言葉もあるように、医療の問題、看護の問題というふうに考えがちですが、実は、人間科学科の多様な学問領域から掘り下げることができる学際的なテーマです。たとえば、死を目前にした人や家族の人の心理的な過程、死というものに対する日本人やその地域の人々の文化的背景、死とは何か・生きるとは何かという哲学的なテーマ、ひとびとにとって「死」という経験の社会学的意味、死生学という教育の必要性などです。難しいテーマでもありますが、考えるに値するテーマだと思います。みなさんも関心のある領域から情報を収集したり、考えてみてください。

会場の様子

会場の様子

人間科学科の学位記授与式&入学式

2013(平成25)年度の人間科学科学位記授与式は、2014年3月20日(木)に学内で開催されました。

学長式辞

学長式辞

小林学部長より授与

小林学部長より授与

はじめて学内で開催されるということでしたが、SGUホールで人文学部全体での学位記授与式(学長式辞)があった後、慣れ親しんだD202教室で学科ごとの学位記授与式が行われました。

ゼミ教員よりひとりひとりに学位記が授与されました。

トップバッターの木戸先生ゼミ

トップバッターの木戸先生ゼミ

社会領域の木戸ゼミは5名、湯本ゼミは5名でした。福祉領域の大澤ゼミは11名、横山ゼミは11名、松川ゼミは11名でした。心理・教育領域の富田ゼミは7名、二通ゼミは10名、藤野ゼミは10名、舛田ゼミは11名でした。文化領域の臼杵ゼミは4名、奥田ゼミは6名、鶴丸ゼミは5名でした。思想領域は奥谷ゼミが2名、川合ゼミは11名でした。

学位記授与のあと、松川学科長より式辞がありました。

 

松川学科長より心のこもった式辞でした

松川学科長より心のこもった式辞でした

また、卒業生を代表して出田くんからの答辞がありました。

出田くんの答辞

出田くんの答辞

 

教員にとって学位記授与式は、すこしさみしくもあり、充実感を感じてほっとする日でもあります。卒業生の進路はさまざまですが、学んだことを生かして、それぞれの場で経験をつみ、活躍してほしいと思っています。

4月1日(火)には4014年度入学式がSGUホールで行われました。人間科学科は85名の入学生を迎えました。

鶴丸学長式辞

鶴丸学長式辞

 

4月4日(金)から5日(土)にかけては宿泊オリエンテーションが行われ、新入生や基礎ゼミ担当の教員、上級生の補助学生が参加しました。定山渓温泉のお湯も楽しんだことでしょう。

いよいよ授業開始となり、大学生生活スタートです!

 

 

9月29日(日)にオープンキャンパスがありました。

今年度の第3回目のオープンキャンパスが9月29日(日)にありました。今回の人間科学科のミニ講義は、心理・教育領域の藤野先生による講義でした。

DSC01143

今回のミニ講義では、子どもは他者の心をいつ頃から理解するようになるのかというテーマを取り上げました。発達心理学の実験研究をとおして、主に1歳半頃と4歳頃に見られる大きな変化を紹介しました。それらの発達的な力は、相手の立場になってものごとを教える、相手を慰め励ます、嘘をついて相手をあざむくといった「人間らしい」行動の土台になります。短い時間でしたが、人間の心の起源の奥深さ、それを探求する心理学的手法のおもしろさが少しでも伝わったなら嬉しいです。

人間科学科では、社会、福祉、心理・教育、文化、思想という5つの領域があり、それぞれの学問領域から「人間」の生活や人生を探求していきます。みなさんといっしょに、学びを深めていきたいと思います。
次回のオープンキャンパスは、2014年3月21日となります。是非おいでください。

10月5日(土)13時より映画「隣る人」(となるひと)の自主上映会を開催します。

10月5日(土)13時より、映画「隣る人」(となるひと)の自主上映会を開催します。どなたでも申し込み不要・無料で参加できますので、是非多くの方のご参加をおまちしております。

10月5日(土)札幌学院大学G館SGUホールにて。

12:30~ 受付

13:00  開会(13:15~上映会)

15:00~ 監督講演

16:10~17:00 フロアと監督のやりとり

「隣る人」についてひとこと解説:8年間におよぶ児童養護施設の日常をドキュメンタリーとして作品にした映画で、自主上映会方式でしかみることができません。子どもたちと職員とのやりとりを中心に展開していますが、現代の家族、子育て、社会的養護のあり方などを考えさせられる映画となっています。今回は、刀川和也監督においでいただき、撮影秘話なども伺う予定です。

チラシはこんな感じです。

チラシはこんな感じです。

この上映会は、「2013年度福祉分野で働く卒業生との交流会」の一環として実施するものです。今年度は、広く一般の方にも声をかけて上映会を開催することとしました。是非おいでください。

7月28日オープンキャンパスのミニ講義

7月28日(日)に、今年度第2回目のオープンキャンパスが開催されました。人間科学科では「やりたいを探しに、なりたいをつかみに」という学生を応援します。

IMG_0061a

第2回オープンキャンパスの人間科学科ミニ講義では、「老いの意味の再検討」というタイトルで、高齢者福祉論を担当している新田先生が、普段の生活ではあまり考えることのない「老い」の経験や社会のなかでの「高齢者」の位置づけについてお話ししました。「高齢者」といっても、線引きはあいまいであることや、生きていくうえで避けがたい「老い」がどのように経験されるのか、からだと人間(社会)関係の両面から確認しました。そのうえで、かつては権威や幸せの象徴でもあった「長寿」が、「なるべく遠ざけたいもの」であったり「社会的負担」と認識されるようになったのはどうしてか、どのようにすればそのような見方を超えられるのかについて提起しました。

IMG_0062b

IMG_0065c

次回のオープンキャンパスは9月29日(日)になります。今回、参加した方も、また参加できなかった方も、是非おいでください。

6月23日(日)オープンキャンパス開催:人間科学科では「やりたいを探しに、なりたいをつかみに」というあなたを応援します

本学の今年度初回のオープンキャンパスが開催されました。人間科学科の学科説明とミニ講義、個別相談会の様子をお伝えします。
人間科学科では【やりたいを探しに、なりたいをつかみに】というあなたを応援する学科です。

藤野先生より学科説明「広く、そして深く学べます」

藤野先生より学科説明「広く、そして深く学べます」

人間科学科の学科説明
【4つの特徴と5つの領域】広い間口から、より深く学びを深めることができるという人間科学科の説明に、高校生たちは熱心に耳を傾けていました。
4つの特徴とは、①学際性と専門性(広く・深く)、②少人数のゼミナール教育、③フィールドワーク重視(調査や実習)、④資格課程の充実(特別支援学校教諭・社会教育主事・学芸員・社会福祉士と精神保健福祉士の受験資格など)です。5つの領域は、社会、福祉、心理・教育、文化、思想です。

ミニ講義
【子ども虐待について考える:「ひどい親とかわいそうな子」を乗り越えて】というテーマで、福祉領域の教員(横山)が30分のミニ講義を行いました。2010年7月に起こった大阪市での悲惨な事件(幼い子2人がマンションで遺体発見、後日、行方不明だった母を逮捕)を取り上げながら、子ども虐待とはなんだろう?北海道の子ども虐待相談(児童相談所)の実態調査結果をみてみよう、もういちど新聞記事の情報から逮捕された母子について考えよう、という流れで進めました。「ひどい親とかわいそうな子」という単純な対立でおわらせるのではなく、背景にある社会的な問題をつかむ力の必要性を高校生に語りかけました。講義終了後、個別に受講者から意見や質問などもあり、福祉領域に関心のある人もみられました。

ミニ講義

ミニ講義

聴覚障害を抱えた人のためにテイクが入りました

聴覚障害を抱えた人のためにテイクが入りました

個別相談会
ミニ講義終了後の12:30からは、見晴らしの良いG館8階で個別相談会が開催されました。人間科学科のブースでは相談を待つ人もありました。

説明に聞き入る高校生や保護者

説明に聞き入る高校生

パンフレットで説明

パンフレットで説明

学生スタッフが随所でサポートしてくれています。二通先生と一緒にパチリ。

学生スタッフが随所でサポートしてくれています。二通先生と一緒にパチリ。

今回参加できなかった方、次回も参加希望の方、7月28日(日)にお待ちしています。

【SGU遊ベンチャー・運動会を行いました(5月18日)】

SGU遊ベンチャーでは5月18日に第二キャンパスで運動会を行いました。

SGU遊ベンチャーとは、札幌学院大学の学生および教職員ボランティアが運営する体験教室です。地域の子どもたちを対象に、食べ物づくりや工作など、年に4回程、様々なイベントを行っています。人間科学科の学生や子ども発達学科の学生が、学生スタッフとして運営を行っている本学の大学地域連携活動のひとつです。以下、学生スタッフからの報告です。

この企画では22名の子供たちが参加してくれました。種目は「障害物競争」「借り人競争」「玉入れ」などなじみのあるものや、「それたて」「お玉リレー」などあまりなじみのない競技を行いました!子どもたちは最初のラジオ体操の時から元気いっぱいでした!

DSC02043アソベンチャー1

CIMG0136アソベンチャー4

CIMG0150アソベンチャー4

CIMG0155アソベンチャー5

DSC02047アソベンチャー2

DSC02059アソベンチャー3

けがをすることもなく、無事に企画を終えることができました。

7月13日に第2回目の企画があります。夏といえば風鈴・・・ということで、今回の企画では風鈴を作ろうと思います。ほかにも、スタンプラリーを行います。スタンプラリーのチェックポイントには何があるのかは、まだ秘密です!本番に向けて、これからもがんばっていきたいと思います!

DSC02096アソベンチャー6

2013年度第35回人文学部1年生体育大会の開催

2013年6月15日(土)9時から第2キャンパス総合体育館で、人文学部の1年生が参加する体育大会が開催されました。人間科学科、英語英米文学科、臨床心理学科、子ども発達学科の合計330人を超える学生が、クラス一致団結して心地よい汗をかきました。

開会式。体育大会実行委員会が準備を進めてきました。

開会式。体育大会実行委員会が準備を進めてきました。

人文学部小林学部長から開会の挨拶。

人文学部小林学部長から開会の挨拶。

実行委員長の藤垣くんからの開会挨拶。「今日で愛がめばえるといいですね」

実行委員長の藤垣くんからの開会挨拶。「今日で愛がめばえるといいですね」

おそろいのTシャツ

おそろいのTシャツ

笑顔でパチリ

笑顔でパチリ

バレーボール。スパイクが決まった!

バレーボール。スパイクが決まった!

ボールの行方を追いかけて。

ボールの行方を追いかけて。

バレーボールの優勝チーム(人間科学科3組)のみなさん。

バレーボールの優勝チーム(人間科学科3組)のみなさん。

玉入れ。全員で拾っては投げる。

玉入れ。全員で拾っては投げる。

おそろいの赤いポロシャツと赤い玉。

おそろいの赤いポロシャツと赤い玉。

白熱のドッジボール。

白熱のドッジボール。

作戦会議の最中。

作戦会議の最中。

野球部で鍛えた腕を。

野球部で鍛えた腕を。

人間科学科6組のおそろいのTシャツは、クラスの学生がデザイン。

人間科学科6組のおそろいのTシャツは、クラスの学生がデザイン。

最後の競技はリレー。15人がたすきをわたす。

最後の競技はリレー。15人がたすきをわたす。

高校時代の制服で参加したクラスも、たすきを受け取る。

高校時代の制服で参加したクラスも、たすきを受け取る。

真剣そのもの!

真剣そのもの!

総合順位は、子ども発達学科の2組が優勝、人間科学科の3組が準優勝、人間科学科の4組が3位でした。

新入生合宿オリエンテーションが行われました。

4月3日(水)の入学式を終えて、新入生ガイダンス、新入生合宿オリエンテーション(8日~9日)が行われました。

2013年4月5日に行われた学内での人間科学科のガイダンス。先輩学生(SA)もサポートに。

2013年4月5日に行われた学内での人間科学科のガイダンス。先輩学生(SA)もサポートに。

 

カードリーダーでの出席確認。「ちゃんとできるかな」

カードリーダーでの出席確認。「ちゃんとできるかな」

2013年4月8日~9日にかけて行われた新入生合宿オリエンテーション。最初は学科企画「ザ・学内お遍路~SGUの聖地を巡れ~」でした。

2013年4月8日~9日にかけて行われた新入生合宿オリエンテーション。最初は学科企画「ザ・学内お遍路~SGUの聖地を巡れ~」でした。

最初は、クラスの担任と先輩学生のSA、ボランティア学生の自己紹介。

最初は、クラスの担任と先輩学生のSA、ボランティア学生の自己紹介。

学内7か所を簡単な地図と、指令書をもって移動。「先生ごとに研究室があるんだ・・・。」

学内7か所を簡単な地図と、指令書をもって移動。「先生ごとに研究室があるんだ・・・。」

「これは、どこ??」小グループで話し合いながらの移動です。

「これは、どこ??」小グループで話し合いながらの移動です。

7か所のポイントで集める道内ゆるキャラのアイテム。

7か所のポイントで集める道内ゆるキャラのアイテム。

スペシャル・アイテムをゲットしていたグループには学科長から賞状とメダル授与。

スペシャル・アイテムをゲットしていたグループには学科長から賞状とメダル授与。

学科企画に参加した新入生全員で集合写真。

学科企画に参加した新入生全員で集合写真。

学科企画のあとクラス企画を終えて定山渓温泉へ。夕食の一コマ。

学科企画のあとクラス企画を終えて定山渓温泉へ。夕食の一コマ。

夜は人文学部の自治会企画の交流会。スズ輪争奪戦ゲームで大盛り上がり。

夜は人文学部の自治会企画の交流会。スズ輪争奪戦ゲームで大盛り上がり。

「みんなで当てよう!ランキンgoo!!」で相談するクラスのメンバーとSA。

「みんなで当てよう!ランキンgoo!!」で相談するクラスのメンバーとSA。

DSC00939

定山渓から大学に戻ってきて、眠い目で履修相談。先輩学生が頼もしくみえます。

定山渓から大学に戻ってきて、眠い目で履修相談。先輩学生が頼もしくみえます。

SGU遊ベンチャー第五回企画「万華鏡☆フシギ発見」

SGU遊ベンチャーは3月2日に大学で万華鏡作りを行いました。
今回の企画では、31名の子どもたちが参加してくれました!レクリエーションでは、参加してくれた子どもたちと学生同士が仲良く「猛獣狩り」を行いました。みんなで歌った猛獣狩りの歌が大学内に響き渡っていた様に感じます。この猛獣狩りで子ども同士の仲はもちろん、学生と子どもの仲も良くなったように感じます。

DSC01936
次はいよいよ万華鏡作りです。子どもたちを6班に分かれてから、ペットボトルを使って万華鏡を作りました。一人一人作るスピードは違えど、一生懸命作る様子が見られました。最後には、オリジナルの万華鏡を作ることができて、子どもも学生も大満足でした。

DSC01957
最後は学生全員での集合写真です!この企画で卒業となる4年生にとって充実した企画となったのではないかと思います。4年生の皆さんお疲れ様でした!!

DSC01987