【予告】10月13日(金)11時~15時 SGUアールブリュット展を開催します

 コラボレーションセンターの主催プロジェクトとして、人間科学科の有志学生らが実行委員となり「アールブリュット展」を開催します。

 アール・ブリュットとはフランス語で「既存の美術や文化的背景を有しない人による芸術作品」の意味で、アウトサイダー・アートともいいます。近年は、障がいを抱える人による芸術活動が広がりをみせており、道内でも複数の事業所で取り組まれ、一部は商品化しています。本学での開催は始めてですが、絵画や手作り作品、文化・芸術等に関心のある福祉・心理専攻の学生9名で実行委員会を組織し、個性ゆたかな作品の展示の企画・準備を行います。実習等で協力機関となっている障がい者支援の事業所(ともに福祉会、北光福祉会、ペングアート)にご協力いただいて、テーマ性をもたせて展示を工夫しました。また、実行委員自らの作品も展示もしています。作品が表現していることをうけとりながら、ぜひ楽しんでください。

◇ 展示の開催内容 10月13日(金)11時~15時(コラボ周辺)
B館ロビー:メイン展示①イントロダクション
コラボエントランス:小作品、木工作品、集団描画、感想の樹
C館ロビー:メイン展示②テーマ性をもった展示(抽象画~細密画)
D館ロビー(畳):絵画の動物園

SGUアールブリュット展チラシ(←クリックしてください)