精神保健福祉士とは、1997年に成立した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。

 精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker)という名称で1950年代から精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職です。社会福祉学を学問的基盤として、精神障害者やその家族の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を通して、その人らしいライフスタイルの獲得を目標としています。

 さらに、超高齢化・高ストレス社会といわれる現代にあって、広く国民の精神保健保持に資するために医療、保健、そして福祉にまたがる領域で活躍する精神保健福祉士の役割はますます重要になってきています。

さて,精神保健福祉士の試験を受けるためには受験資格が必要です。受験資格の取得方法は、主に大学で一定の単位を取得する、短期大学や専門学校で一定の指定科目を履修した後、実務経験を積むなどが必要です。人文学部で開講されている指定科目を履修し卒業することにより、受験資格が得られます。