キャリア形成と支援システム
○すべての仕事は人と関わり、人と関わる仕事はすべて対人援助が基盤です。臨床心理学科は、臨床心理学をベースに、様々な対人援助をする上での素養を身につけます。ですから本学科の卒業生はさまざま職場で高く評価されています。もちろんカウンセラーの仕事や様々な相談援助の仕事の育成については、本学は道内随一の歴史があります。

○臨床心理学科の学生は、入学後にいろいろな活動を通して視野を広げて進路を考えます。入学時にカウンセラー志望だった学生が、希望通りに大学院に進学して臨床心理士として病院勤務の夢をかなえる人ももちろんいます。それだけではなく、地域での援助活動をする中で精神保健福祉士や公務員、保育士を志すようになったり、純粋に心理学を学びたくて入学した学生が、勉学の中で心理職を志すにいたり、大学院進学することもあります。基盤となる技術習得は臨床心理学的な対人援助ですが、それだけではない学生生活を過ごす中で、興味や適性にあった柔軟な進路選択をサポートしています。